東北楽天・則本、野茂を越える。7試合連続10K達成





どうも、碧依(@an_88star88)です。

昨日2017年6月1日、日本プロ野球界に新たな歴史が刻まれました。

東北楽天ゴールデンイーグルス×読売ジャイアンツ、第3回戦。
楽天先発の則本昂大投手が「7試合連続二桁奪三振」という、前人未到の記録を達成したのです!

これまでの連続二桁奪三振は、野茂英雄さんの6試合が最多だったそうです。
その偉大な投手の記録を破ったのは、甲子園への出場経験もなく、プロに入るその時まで無名のピッチャーだった則本投手でした。


田中将大に似ていると言われ続けたピッチャー

すごく個人的な話ですが、私は自分が中学生の時から田中将大投手のファンです。
則本投手は大学時代から、周りの友人たちに「田中将大に似ている」と言われていたそうです。
田中将大投手のファンである私も、2013年に初めて則本投手を見た時は、田中投手と見間違えたほどそっくりでした。
顔立ちも似ていますが、マウンド上での立ち居振る舞いや投球タイプまで、まるで生き写しかと思うくらい似て見えました。
同時に、則本投手本人も、一年だけ同じチームで共に戦った田中投手を尊敬しているようです。

そして田中投手がメジャーリーグへ移籍した2014年以降も、
則本投手はことあるごとに「田中をほうふつとさせる」といったことを言われ続けてきました。


フォークボール

記録まであと三振ひとつ。
1点リードの8回表、巨人の先頭バッターは坂本勇人選手。
巨人そしてセ・リーグを代表する打者であり、幼少期に田中将大投手とバッテリーを組んでいた経験を持つ選手です。

ボール先行ではありましたが、ファウルを打たせフルカウントに。
そしてラストボール。
則本投手はキャッチャーの嶋選手のサインに対して二度ほど首を横に振り、自ら投げる球種を選択。

坂本選手のバットは、スッと落ちたボールの上を空振り。
則本投手が選択したのは、ストライクゾーンからその外へ綺麗に落ちるフォークボールでした。

このフォークボールこそ、則本投手の奪三振を支える核となる球です。
彼は2014年から3シーズン連続で最多奪三振賞を受賞しています。
その三振の多くを、このフォークボールと150km/hを超えるストレートで奪ってきました。


圧巻の8回表

記録達成の瞬間となった3番・坂本選手の三振の後、打席に立ったのは則本投手の元同僚・マギー選手でした。
マギー選手は2013年、東北楽天が初の日本一に輝いた年、東北楽天のユニフォームに袖を通していました。
その年、則本投手はルーキーでしたが、田中投手に続くフル回転で優勝に貢献。
同じ優勝の味を知る二人の対戦となりました。
結果は三振。

続く5番・阿部選手も三振。

記録を達成してなお二つも三振を取り、8回12奪三振で則本投手はマウンドを降りました。


自分を信じて努力すれば、結果は裏切らない

入団してから4年間、則本投手は一度もローテーションに穴をあけることなく、文字通りフル稼働してきました。
私はその4年間をずっと見続けてきましたが、もちろん良い結果ばかりではありませんでした。

一時は大量失点が続き勝ち星も遠く、リリーフに回っていた時期もあります。
そこから先発に復帰をして勝利投手となったときには、彼はヒーローインタビューで涙を流していました。

そうした苦しい時期を越えて、自分の一番の長所であるストレートとフォークボールをひたすらに磨き続けてきた結果が、今日「日本プロ野球史に残る記録」という形で表れたのでしょう。
則本投手はとても気持ちが強い投手です。
彼は、ずっと自分のボールを信じて練習を継続してきたからこそ、この日本新記録を樹立できたのだろうと、私は思いました。

努力が報われるとは限らないけれど、結果を残せるのは努力をした人だけです。

精神論のようになってしまいますが、これは決してバカにできるものではありません。
特に勝負の世界は、気持ちの部分で負けては絶対に試合に勝つことはできません。
何よりも自分に自信を持って努力を積み重ねていけば、その時間と労力は決して自分を裏切ることはないでしょう。
私は今日、彼のこの記録にそれを教えてもらった気がします。


まとめ

ツイッターでも宣言していますが、私は東北楽天ゴールデンイーグルスのファンです。
則本投手が10個目の三振を取った時点で、今日は絶対に勝ってもらわなければいけないと思いました。
則本投手に勝ち星が付かなければ意味がないと。
それは9回を投げた松井投手もよく理解していて、プレッシャーがかかったためかいつも通りの投球とはいきませんでした。
27個目のアウトをなんとか取った後、私は思わず泣きそうになりました(笑)。

2013年の田中将大投手の24連勝も毎試合ハラハラしながら見ていた記憶がありますが、
今日の試合も同じくらいハラハラしたし、何よりも感動をもらえました。
記録更新となった瞬間の三振を取った直後の則本投手の表情を、私は決して忘れないと思います。

動画1:19が記録達成の瞬間です。坂本・マギー・阿部各選手を三振に切る光景はまさに圧巻です。



本日もお付き合い頂き、誠にありがとうございました!
普段は洋楽紹介が中心ですが、それ以外にもさまざまな記事を書いています。
この記事が良いと思ったら、ぜひSNS等でシェアをお願いしますね(*^_^*)
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております♪
follow us in feedly

ペンタトニックス・スコットには、メジャーリーガーのいとこがいた!





1705496.jpg

※画像はイメージです



どうも、碧依(@an_88star88)です。

このブログで主に話題にしているア・カペラグループのペンタトニックス。
リーダーであるスコット・ホーイングには、メジャーリーガーのいとこがいました!

初めて知りました~。
ペンタトニックスやスコットのファンの間でもあまり知られていなかったのでは・・・?
(っていうかまずペンタのメンバーが野球について話してるとこあんまり見たことないわ(^_^;))

私はメジャーリーグも好きでよく観るので、
今日はそんなスコットのいとこについて調べてみました!


名前は?どこの球団にいるの?

その名はJared Hoying(ジャレッド・ホーイング)

1989年5月18日、オハイオ州の生まれ。
外野手で、右投げ左打ち。
2010年ドラフト10順目(全体316位)でテキサス・レンジャーズに入団。
2016年5月23日に、テキサス・レンジャーズでメジャーデビュー。
デビュー戦でメジャー初ヒットを記録しています。

この映像でジャレッドが打った初ヒットのボールがレンジャーズ側のベンチに返されていますが、
メジャーリーグではすべての選手の初ヒット記念ボールにラベルを貼って記録を取ることになっているそうです。
その一球が、伝説のプレーヤーの初安打ボールになる可能性もあるわけですからね!

在籍球団がテキサス・レンジャーズということで、スコットの地元ですね。
そして、あのダルビッシュ有投手とチームメイトです。


4打数4安打、1HR!打撃大爆発で勝利に貢献!



5/18(日本時間)に行われたテキサス・レンジャースvsフィラデルフィア・フィリーズの一戦にて4打数4安打2打点を記録。
単打2本、二塁打1本、そしてメジャーリーグ第一号のホームランという大活躍でした!
(三塁打が出ればサイクルヒットで大記録だった!おしい!)

そんな彼の生年月日は1989年5月18日。
なんと日本時間では誕生日(アメリカ時間では5月17日のカードのため前日)。
メジャー初ホームランは、一日早い自身の28歳バースデーの祝砲となりました。

フィリーズのピッチャー・ガルシアからの一撃!
痛烈な打球がライトスタンドに突き刺さりました。
守備ではセンターで好守も披露。


ジャレッド・ホーイング 通算成績

この記事を書いている2017年5月18日時点で、
ジャレッドはメジャーリーグで通算40試合に出場しています。
試合数が少ないのであくまで参考程度の数字ですが、
2年のキャリアで打率.264(53打数14安打)、打点7。

メジャー初ホームランが出るまでには1年かかりましたが、
高身長に恵まれた体格とパワフルなバットスイングが持ち味のプレーヤーですね。
ちなみにマイナーリーグでは7年間で793試合に出場し、
打率.259、打点413、108本のホームランを放っています。


ホーイング家の多才さに驚いた!

ホーイング家、すごいですね。
ひとつの家系から、メジャーリーガーと世界的シンガーを排出していることになります。
兄弟そろってメジャーリーガーであったり、
ミュージシャンがミュージシャンの親を持つなど同じ畑の才能を持つ家系はよくありますが、
野球と音楽というまったく別方向の才能を持った人間を二人排出するというのは本当にすごい事だと思います。

スコットが1991年生まれの25歳で(同い年!)、ジャレッドは1989年生まれの28歳。
二人ともまだ20代と若く、これからそれぞれの世界で輝かしいキャリアを残してくれそうです。
同世代として応援したいです!

スコットとジャレッドはいとこ同士ということなのでそこまで顔立ちは似ていませんが(ジャレッドは若干Gleeのマシュー・モリソンに似てます 笑)、
才能あふれる一家の若い二人の活躍から目が離せません!


本日もお付き合い頂きありがとうございました。
洋楽紹介を中心にさまざまな記事を上げております。
この記事が良いと思ったらSNS等でシェアをお願い致します!
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております!
follow us in feedly

【WBC】日本代表への率直な感想と注目国・選手





どうも、碧依です。

今、野球界は大きな大会でにぎわっていますね。
そう、WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)です。
ツイッターを見ていても、かなりWBCに関するツイートがタイムラインに流れてきています。

↑元楽天AJコーチの背中!!

そこで、今日はこの注目度が大変高いWBCについてお話ししようと思います。
内容はここまでの日本代表の試合についてや、日本以外のチームで注目するべきチームはどこなのか等の話になります!


日本代表・・・大丈夫?

これは大会前に私が思っていたことです。
今年のWBCは、日本代表にとってはあまりよくないニュースが先行しました。
具体的には、日ハム・大谷選手の辞退、楽天・嶋捕手がケガにより離脱、
それに加え、他国と違いメジャーリーガーの参加が極端に少ないこと(青木選手のみ参加)などが挙げられます。

マスコミや世間がこう良くない話題でざわついていると、選手たちにとっては決して完全に集中できる環境とは言えないでしょう。
「そんな状態で戦って、本当に大丈夫?勝てるの?」
というのが、私の大会前の率直な思いでした。

また、アメリカやドミニカなどは、ほぼ全員がメジャーリーガーという超本気チームです。
そんな中、日本代表に参加するメジャーリーガーは青木選手ただ一人です。
(それぞれの事情がありまして・・・)

逆に考えれば、そのメジャーリーガーたちに今の日本の選手はどのくらい通用するのか、
それを計るには大変良い機会になるでしょう。


キューバ戦・オーストラリア戦を観戦

ここまで、日本代表はキューバ・オーストラリアと対戦しました。
作業をしていたりしてところどころ見れていない部分はありますが、私もこれらの試合をTV観戦しました。

投手陣は、両戦の先発である石川投手、菅野投手がともに0~1失点で抑えるという完璧と言えるピッチング。
楽天の則本投手は先発ではなく、リリーフとしての登板がありました。
則本投手の場合は球数制限でオーストラリア戦での登板がなかったため、今後先発として起用される可能性は残っています。
ただ、これまでの国際大会での成績等を考えると、今後も中継ぎ起用が濃厚かと思います。
実際、キューバ戦でリリーフ登板した際には2イニングスを完璧に抑えた後、3イニングス目に捕まって失点していましたから、
WBCのような国際大会では、短いイニングをリリーフするような起用法のほうが良いかもしれませんね。

野手陣は松田選手・筒香選手・中田選手などにホームランが生まれ、
打つべき人が打っているなぁ、という印象です。
実際両戦、かなり大量得点で勝ってますからね。
守備でも菊池選手などの華麗なプレーが際立ち、2戦2勝と確実に勝ちを積み重ねています。

大会前のニュースや心配を払しょくするような2戦連続の大勝。
特にキューバ代表に勝てたということは大きいかもしれません。


日本代表以外で注目すべきチーム・選手は?

突出しているのはやはりアメリカ・ドミニカだと思います。
この2国はメンバーの大半(アメリカはほぼ全員)がメジャーリーガーで構成されています。
ベネズエラやプエルトリコも強豪ですが、私が注目しているのはやはりアメリカですね。

そんなアメリカチームで、特に注目してほしい選手を4人ピックアップしました。

アンドリュー・ミラー(投手)

現在クリーブランド・インディアンス在籍。
ニューヨーク・ヤンキース在籍時にはクローザー・セットアッパーとして活躍。
ミラーが投げた試合はほぼ負けないと言われるほどの安定感を誇る。
主にセットアッパーでの活躍期待されるが、選手起用によっては、クローザーとしてのミラーを見ることができるかもしれない。


デイヴィッド・ロバートソン(投手)

現在シカゴ・ホワイトソックス在籍。
ニューヨーク・ヤンキースに在籍していた際は田中将大とチームメートで、
引退したマリアノ・リベラの後を継いでクローザーを務めた。
今大会では、ミラーと同じくセットアッパー・クローザーとして後ろを固める役割が期待される。


バスター・ポージー(捕手)

現在サンフランシスコ・ジャイアンツ在籍。
MLBを代表するキャッチャーの一人。
特筆すべきは、MLB通算8年で.500近くを誇る長打率。
2011年、試合中に本塁のクロスプレーでランナーと激しく衝突。
骨折や靭帯断裂など、もはや現役続行は不可能かと思われるほどの大怪我を負ったが、翌年試合に復帰。
以降MLBではキャッチャーの本塁ブロックが禁止され、これは「バスター・ポージー・ルール」と呼ばれる。
現在日本のプロ野球でも、近いものが「コリジョン・ルール」として適用されている。


ジャンカルロ・スタントン(外野手)

現在マイアミ・マーリンズ在籍。
MLB屈指のスラッガーの一人。
MLB通算7年で放った208本塁打がその証。
2014年、相手投手の投球が顔面を直撃し負傷してからは、フェイスガードがついたヘルメットでプレーしている。
(記憶が正しければ、このヘルメットを装着するのは相手が右投手の場合のみ。)


以上4名には、徹底的に熱視線を注いでいく予定です(笑)。
特にアンドリュー・ミラーは、昨シーズンに防御率1.45と圧倒的な数字を残しています。
今回の大会でも、球数制限などに注意しながら投げてくれさえすれば、圧倒的投球を数多く観られることでしょう。
そこに注目しつつ、今年のWBCのアメリカチームを見ていきたいと思っています。


まとめ

今回の「【WBC】日本代表への率直な感想と注目国・選手」はいかがでしたか?
WBC2017は、3/6~3/22に渡って開催されます。

私が推しチームにしている楽天イーグルスから選出の
則本投手と松井投手には、ケガなく無事にチームに帰って来てほしいと願うばかりです。

プロ野球のレギュラーシーズンを目前に、繰り広げられる熱い戦い。
どの国が世界一を掴みとるのか?
日本は世界一に輝けるのか?
楽しみに毎日を過ごしたいと思います。


本日もお付き合い頂きありがとうございました。
これからは野球のシーズンが始まってくるので、野球についての記事も増やすかもしれません。
その他音楽やスマホゲーム等の記事も書いていますので、よろしければまたお立ち寄りください。
ツイッターでもWBCや野球のことを時々つぶやいています!
このブログの更新情報もリアルタイムでつぶやきますので、このブログの最新記事をキャッチしたいと思ってくださっているあなたは、ぜひフォローすべきですよ(笑)。
こちらのリンク→@an_88star88、またはこのブログページ右のフォローボタンからお願いします。
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております!!
follow us in feedly

PR

プロフィール

碧依

Author:碧依
「あおい」と読みます。
洋楽が好きで、ポケモンGOが好きで、 それらの事とか他の事とかも含めてブログを書いている人。好きな色は赤。好きな動物は猫とリラックマ。
なお、Twitterではこのブログの更新や、碧依のつぶやきをリアルタイムでお届けしています!
Twitter → @an_88star88

※頂いたコメントには、極力すべて返信できるように致します(非公開コメントを除く)。

最新記事一覧

念願の天神山緑地!カイリキーレイドに撃沈(^_^;) Aug 19, 2017
【お知らせ】プロフィール画像の追加、ブログ説明文の変更をしました! Aug 19, 2017
読書記録について感じている事 Aug 18, 2017
【読書記録】「怒り」がスーッと消える本 水島広子/著 Aug 17, 2017
ラトビアの音楽プロデューサー・Tobu、新曲「Melomania」を公開 Aug 16, 2017

Feedlyに登録↓

follow us in feedly

訪問者数

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

PR

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR