ペンタトニックス・ケヴィン、ハリー・スタイルズ「Sign of the Times」をカバー





どうも、碧依(@an_88star88)です。

SUPERFRUITの「Hurry Up!」のミュージックビデオ公開と同日、9月22日。
同じくペンタトニックスのメンバーであるケヴィンが、自身のYouTubeチャンネルで新たなカバー曲の映像を公開しました。

今回彼がカバーしたのは、One Direction(ワン・ダイレクション)のメンバーであるハリー・スタイルズのソロ曲「Sign of the Times」

原曲は静かなピアノから始まり、サビで壮大に広がっていくバラード。
その壮大なサビを表すかのような大自然の中、ハリーが空を飛ぶ衝撃的なMVも話題になりましたね。

ゆったりとした印象を持つこの曲を、ケヴィンはそのチェロ・ボクシング(チェロを弾きながらビートボックスをすること)でどのようにカバーしたのでしょうか。




必聴ポイントは、ケヴィンのボーカル!

以前紹介したMarian Hillの「Down」のカバーと同じ手法で、スタジオでループマシンを使用した演奏となりました。

「Down」は個人的に、ボーカルよりもビートボックスが派手で目立つアレンジだった印象がありました。
今回の「Sign of the Times」では、ケヴィンのボーカルをさらにじっくり聴くことができます。
もう、まさにボーカルメインって感じ。
ここまでケヴィンの歌を聴けるのはソロならでは。

今回は、少ししゃがれた感じが出てましたね。
しかしサビのファルセットは透き通った美しい声。
ケヴィンは、時にミッチの音域をも凌駕するのではないかと思わせるファルセット(裏声)が魅力的ですが、中低音も良い声ですね。
どんどん歌うまくなっていきますね、ケヴィン(どの面さげて言ってるんだ笑)。
この「Sign of the Times」のボーカル、大好きだよ。

圧巻は、ラストのコーラスを重ねていくところ。
最高音から入り、そこから下に2本、声を重ねていきます。
ストリングスやビートボックスが止まり、3本のコーラスのみになった瞬間がたまらない!
リバーブによる、コーラスの余韻までも美しい。


キーボードも活躍!

この形式のビデオで、ある意味チェロより目立っているキーボード(笑)。
「Down」では一音しか鳴らしていなかったけど、今回はストリングスの音でコードを流したり、
間奏ではオクターブのピアノソロまで披露。

何でもできちゃうんですね(^_^;)
a4fbc2330e42bb90ec657c044507421d_s.jpg

画像はイメージです。



一貫してずーっと同じベースラインなのもポイント!

これはケヴィンの演奏というより曲自体の話になりますが、
最初に弾いたベースライン、たったひとつのフレーズだけで一曲通して演奏できてしまうのは、この曲がいかに良くできているかを表していますね。

これは、Aメロからいきなりサビに入るという構成によるところが大きいと思います。
もちろんすべての曲に当てはまるわけではないけれど、
Aメロとサビは似た(もしくは同じ)コード進行になり、Bメロだけ少し雰囲気を変えている曲が多いです。
Bメロでコードの雰囲気を少し変えることで、曲の流れにスパイスを加える感じになるので。
この曲はBメロといえる部分がない(しいて言えばBメロがサビ)ので、同じベースラインを使える、という感じですね。

「Sign of the Times」が素晴らしいのは、そのBメロ(サビ前のスパイス)を設けなくてもスムーズに曲が流れていて、かつ聴く側を飽きさせないこと。
メロディの美しさがそれをカバーしているのでしょうね。

2:31~2:56だけ、メロディの雰囲気がガラッと変わります(Cメロにあたると思います)。
ここだけはベースラインがマッチしない部分なので、ストリングスの低音をベースにしていました。


オフィシャルショップ、ニュースレターも開始

今回の動画は、曲が終わった後に、30秒ほどケヴィンからのメッセージタイムがあります。

ケヴィンが早口なのと(笑)、字幕がないので詳しくどのような内容を離しているかは不明です。
とりあえずめっちゃ下を指さしてるので(笑)概要欄を見てみると、

ソロアーティストとしてのニュースレター(メールアドレスを登録すれば、新着情報をメールで得られる)と、「KO HAT」という紹介でオフィシャルショップのリンクがありました。

今までの動画にはこれらはなかったと思うので、新たにスタートした企画と思われます。
(ちなみに「Down」の概要欄にはオフィシャルショップリンクのみ貼られていました)

ショップにアクセスしてみると、ケヴィンの名前のイニシャル「KO」があしらわれたキャップやTシャツなどが販売されています(9/26現在、ゴールド刺繍のキャップは完売)。

今後ソログッズの展開があるかどうかは不明。
純粋にファン目線で見ると、もちろん応援する気持ちもあるし嬉しいのですが、(ペンタトニックスのことを考えると)ちょっぴり寂しくもなってしまいます・・・。


まとめ

いかがでしたか?

本日はケヴィン・オルソラ(fromペンタトニックス)によるハリー・スタイルズ(fromワン・ダイレクション)「Sign of the Times」カバー動画のご紹介でした。
こういった形式の動画だと、どんな感じで演奏されているのかがわかるので非常に興味深いですね。

ペンタトニックスとしては、10月にアルバムの発売と12月にアメリカツアーを予定しています。
その関係もあり、今後ソロチャンネルに次なる曲がアップされるかどうかはわかりません。

ただねぇ・・・この感じだったらバンッバンやってほしいですね!!(笑)
もっと欲を言えば、このスタイルでのケヴィンオリジナル曲も聴いてみたいわ。
そういう日も来るんでしょうか。


本日もお付き合い頂きありがとうございました。
この記事が良かったら、ぜひSNSなどでシェアをして頂けると嬉しいです!
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
関連記事

SUPERFRUIT(スーパーフルーツ)「Hurry Up!」MVレビュー!





どうも、碧依(@an_88star88)です。

9月22日、ペンタトニックスのスコット&ミッチによるデュオ・SUPERFRUIT(スーパーフルーツ)が、今回も金曜日に新しいMVを投稿!すっかり恒例となりました。

今回公開されたのは「Hurry Up!」






今回は、ストーリー仕立て!

スコットとミッチは、カップリングパーティ(いわゆる合コン)に足を運びます。

そのパーティの席で、2人は思い思いにメンバーと話をしますが、時折見せるうわの空な感じ。
サビでひとしきりダンスした後、2人は別室に移り別のお相手と交流しますが、
やはりここでもなんだか集中できていない様子をうかがわせます。

まわりがどんどんマッチングしていく中、
結局2人はお相手を見つけることができず、カウンターに並んでショットを一気。

最後には2人が顔を寄せ合いますが・・・。


「Late Late Show」でのパフォーマンスさながらのダンスも必見!

この「Hurry Up!」は、デュオとして初めて出演したテレビ「Late Late Show」で披露されました。

関連記事⇒SUPERFRUIT、ついに初のTVパフォーマンス!

TVでともにパフォーマンスしたダンサーたちとここでも共演!
TVでのパフォーマンスはこのMVのイメージをそのままステージ化したもののようですね。

個人的に、すごく体の大きい男の人がかわいいと思いますw

私が見たかった、間奏でのダンスもしっかり生きてます(3:38~)。
ここのキメ、すごくカッコ良いですよね。
TVバージョンも良かったけど、このMVバージョンのキメも好き。
TVではダンサー6人+スパフルだったけど、MVでは大人数でわぁっと踊ります。
このにぎやかさもGood!


ミッチ、名前は「Leo」?!

MV冒頭、受付のお姉さんと2人が話すシーン。

話の流れでミッチが「I'm Leo!(名前ではなく、僕はしし座だよ、という意味)」と言うと、名前だと勘違いした受付のお姉さんがネームシールに「Leo」と書こうとしてしまいます。
(ミッチの誕生日は7月24日)

「Oh, no no no no! My name is Mitch.」あわてて否定するミッチ(笑)。
「My sign is a Leo.(僕の星座がしし座なんだよ)」と改めて説明。

ミッチが自分の星座を言ったのは、お姉さんに「あなたは内なる炎を秘めてる感じがするわ(意訳)」と言われたため。
しし座の人は一般的に情熱的であるといわれますが、それはアメリカでも同じようですね。

余談ですが、ここのミッチ若干鼻声な感じがします。

個人的に好きな場面だったので書いてみました(*^_^*)


私なりの歌詞の解釈

この曲の歌詞が大好きです。

―他の男の子たちじゃダメなんだ
僕に声をかけて 僕の元へ来て さあはやく
ねえ、僕は恋をしたことがない
でも その恋ってやつを体験してみたい だからはやく―


サビはこんな感じの訳になりますかね(意訳です)。

すごいわかる、これ。
その人の周りの環境にもよるし、周りにいる人にもよるから一概にみんながそうだと言うつもりはまったくありませんが、LGBTQの人にとっての恋愛は、普通の(ストレートの)男性や女性の恋愛とはまた違った壁があります。
自分が望む恋愛をするためにはやはりどこかのタイミングで誰かにカミングアウトすることも必要になってくるし、普通の男性や女性が経験するより遅い年齢での恋愛経験になる人もいます。
そこにたどり着くまでに、多くの葛藤と闘います。
私自身もそうです。

関連記事⇒米トランプ大統領の発表から考える「LGBTQ+について」

56784a942596764b65f202e07942eaed_s.jpg
私が思うに、この「Hurry Up!」の主人公はたぶん男の子で、恋愛対象も男の子(つまり、ゲイ)。
歌いだしの歌詞「片方の足は踏み入れて、反対の足は外に出してる」というフレーズは、
心の中に男性の部分も持っているし女性の部分もある、ということの比喩なのかな、と思いました。

Bメロ後半「自分自身が何者なのかわかっていて、準備OKな人を待ってる」という部分。
しっかりと求めている理想像を提示しています。
「自分自身が何者なのか」というのは、もちろんセクシャリティの意味も入っているんでしょうが、それよりももっと大きい意味 ―例えば信念とか、自分の意見をしっかり持ってるかとか― も含んでいるような気がします。

こうやって見ていくと、主人公もちゃんと自分自身の事を捉えていて、すごく芯のはっきりした部分を感じます。

あくまでもこれは私の解釈です。
普通の男女の恋愛でも共通しているところもあると思いますし、
幾分にも解釈できる曲であると思います。


SUPERFRUITの曲で、恋の歌に初めて共感できた

世の中の歌って、かなりの割合で男×女の恋の歌が多いじゃないですか。
日本でも外国でも。

私、ずっとピンときてなかったんです。
自分がLGBTだということや、ちゃんとした経験がないっていうのもあるけど、どう聞いてもなんだかイメージがボヤッとしてしまう。

これは「Hurry Up!」だけでなくてSUPERFRUITの全ての曲に言えることですが、和訳を読んだときにとても共感できたんです。
そんなこと、正直初めてでした。
そういう意味でも、私にとってSUPERFRUITの2人の存在は特別です。


まとめ

本日は、少し時間が開きましたがSUPERFRUIT「Hurry Up!」のMV紹介でした。

今回も『Future Friends Pt.2』の曲順通りにMV発表が来ていますので、次週は「Deny U」になるかと思います。

「Deny U」はこのEPの中で一二を争うお気に入り!
今からMVが楽しみです。


「Hurry Up!」収録アルバム
フューチャー・フレンズ(日本盤)


本日もお付き合い頂きありがとうございました。
この記事が良かったら、ぜひSNSでシェアしてくださいね(*^_^*)
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
関連記事

難しいけど爽快!新感覚・英単語アプリ「HAMARU 2」





どうも、碧依(@an_88star88)です。

面白い英単語学習アプリを見つけたので、今日はそれをご紹介したいと思います。
その名も「HAMARU 2」

1.png

「Everything is practice」=すべては練習の中にある。

元サッカー選手のペレさんの言葉にも同じものがありますね。
日本でも「一に練習、ニに練習。三、四がなくて、五に練習。」という言葉をよく耳にします。
英語に限らずですが、どの分野でもプロになりたいなら最低でも一万時間は練習(取り組む)が必要と言われています。


じゃあさっそく練習だ!単語を勉強しよう!・・・あれ?
あの、、単語学習って、意外と迷いませんか?

「どのレベルから始めればいいのか?」「何から手をつければいいのか?」

英語の学習を始めようとしている人にとっては、結構切実な問題だと思います。
この「HAMARU 2」は、その部分もしっかり考えて作られているアプリなので、その疑問も解消されると思いますよ。

それでは、紹介行きます!




リスニング力・単語力UPが期待できる

この「HAMARU 2」は英単語ゲームです。

2.png

画面に表示された英単語を出題者(CPU)が読み上げ、下半分に表示された4つの選択肢の中から正しい意味を選ぶという、説明だけ見れば簡単なものです。

このゲームの難しい所は、回答を求められるスピードと発音されるタイミングにあります。

まずひとつめの単語が発音され、その意味を答える前に次の単語が発音されるんです(!)。
最初の単語の意味を答えた瞬間に、3つめの単語が発音されるということになります。

そう、自分が意味を答えるころにはもう2個先くらいの単語が発音されているので、何が発音されたのかを注意深く聞き、覚えておく必要があります。

しかも、時間経過とともに英単語が下に落ちていき、完全に落下してしまうとミス扱いとなってしまいます。
ミスしたり時間をかけすぎたりすると、制限時間が5秒削られます。

文章で書くと少し難しいので、Twitterに投稿した動画も付け加えておきます。



初見プレイだと、頭がかなりパニックになります(笑)。


美しすぎるグラフィックやBGMも魅力

この「HAMARU」の魅力はまだあります。
ゴールド感たっぷりのグラフィックです。

プレイボタンや問題のセレクトボタンなどを押すたびに、その都度「シャラリ~ン!」という豪華な音と共に、ガラスが割れるような映像エフェクトが表れます。
このエフェクトがまた、気持ちいいんですよねぇ~。

設定の「グラフィック」ボタンを押すと、
演出の派手さ(キラキラ感)や色(標準or白黒)、画面の明るさなどを選ぶことができるので、好みの画面コンディションでプレイすることが可能です。

3.png

また、各ステージ選択画面で毎回BGMの選択ができます。
BGMといっても端末の音楽を流すのではなく、アプリにプリセットされているものを選ぶ形式。
ヒーリングミュージックっぽい曲が多めなのですが、アプリの雰囲気にぴったり合っているし、勉強に集中できる感じ。
私は基本シャッフルで流していますが、気に入った曲を見つけたら、その曲の番号を押しましょう。

4.png


中学レベル~TOEICまで対応

5.png

中学レベル~TOEIC900まで、幅広いレベル設定が良心的ですね。
結構な英語力がある方以外は、無難に中学レベルから始めることをオススメします。

中学レベルでも、コツ掴むまでは結構苦戦すると思うので(汗)。
ちなみに先ほどのTwitter動画も中学レベルです。


その名の通り、「HAMARU」爽快感

スピードと単語のリスニング力を必要とされるためとても難しいゲームになっています。
コツさえつかめばサクサク正解できるようになり、独特の爽快感を味わうことができるようになるんです。
「シャラリ~ン」というゴージャスな効果音もその快感を手助けしてくれます。

私のプレイした感覚で言うと、初挑戦のステージはまず一発でクリアできないと思います。
必ず二回以上同じステージをプレイして、ゲージを稼ぐ感じになります。
ちょー上手い・ちょー速い人がやったら、一発クリアできるのかな?

ただ、ひとつのステージで出てくる単語たちは、1プレイ中は読み上げられる順番が変わりません。
つまり、一周すればまた同じ順番で単語が読み上げられていくという訳です。

時間制限が60秒で、登場する単語は1ステージにつき25語。
1秒1単語答えるとして、一回のプレイで2周はできる計算になります。
まあ、実際には1秒に1単語以上正解できると思うのでそれ以上かな。

最初の1~2周で、出題者(CPU)が各単語をどんなふうに発音してくるのかを記憶して、後半はもう上半分に出てくる英単語に目を向けない。
発音される音声だけで単語を判断し、選択肢を選んでいくようにすると、次々答えていくことができるようになってきます。


まとめ

個人的に、英語は単語力があればあるほど有利なのかなと思っています。

私はまだまだ単語力はあるといえないレベルですので、まずはこの「HAMARU 2」で単語力の底上げを図りたいと思います。
このアプリはレベル分けが明確でわかりやすいですし。
映像演出も楽しいアプリなので、爽快感も手伝って続けていけそうです。

英語力の最終的な目標としては、英語詞の訳ができるくらいにはなりたいな。
以前ご紹介した「Duolingo」や、動画サイトなどにアップされている英語学習動画なども併用しつつ、少しずつ英語力をレベルアップしていこうと思っています。


本日もお付き合い頂きありがとうございました!
この記事が良いと思ったら、SNS等でのシェアを宜しくお願い致します。
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております(*^_^*)

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
関連記事

サム・スミス、新曲「Too Good At Goodbyes」のMVを公開





どうも、碧依(@an_88star88)です。

2014年にリリースした「Stay With Me」で、全世界に旋風を巻き起こしたサム・スミス
その彼が、久々に新曲を出しました。

その名も「Too Good At Goodbyes」。
デビュー当時から評判高い歌唱力はそのまま。
リスナーの胸を、切なく揺さぶる楽曲となりました。




切ない別れを歌ったリリック

さよならに、僕は慣れすぎてしまった」・・・。
恋人との別れを歌った悲しく切ない歌詞になっています。

公開されたMVは、さまざまな愛の形(男と女、女と女、男と男)を描きながらストーリーが進み、ラストはひとりぼっちのサムが映し出されて終わります。


激やせでも衰えない声の魅力

サム・スミスといえば、活動を休んでいる間に話題になった「激やせ」。

「Stay With Me」で引っ張りだこだった頃はぽっちゃりとしたかわいらしい体型をしていましたが、今回の「Too Good At Goodbyes」のMVはそのスッキリとした姿で登場(当り前か)。

ただ、激やせしてもその歌声の魅力はそのまま。
切ない系の歌を歌わせたら、もう右に出るものはいないのではないかと思わせるほどの高い歌唱力を誇ります。


新アルバムからのシングルカットか?

以前、サムがSNSに投稿したメッセージから、今年は大きな作品発表などの動きがあると噂されていました。


その第一弾が、今回の「Too Good At Goodbyes」。
一部では、これが新アルバムからのシングルカットなのではないかという話もされているようです。

現時点では次なる作品やアルバムについての詳細発表はないものの、まだ何か大きな動きがありそうな予感がします。


まとめ

本日はサム・スミスの新曲「Too Good At Goodbyes」をご紹介しました。
MVで印象的だったのは、LGBTを含めたさまざまな愛の形を表現していたこと(サム・スミス自ら、ゲイであることを公表済み)。

私は「Stay With Me」が大ヒットしたころ、TVのインタビューでサムが「まだ誰とも付き合ったことはない」と語っていたのを記憶しています。
あのころが2014年~2015年あたりなので、多分サムが22歳とかの頃だと思います。
誰かと付き合った経験がなくても、「Stay With Me」のように恋の歌を歌い、世界中の人々の心を動かしたサム・スミス。
私はその姿に衝撃を受けました。

ここではあまり詳しく述べませんが、私も以前、自身のLGBTに関する気持ちを表した記事を書きました。(⇒米トランプ大統領の発表から考える「LGBTQ+について」
「Stay With Me」が出た頃の私は、まだ自分がLGBTであることについて若干懐疑的で、だからこそ「経験がなくても大勢の人の心を動かした」サムがとても魅力的に思えました

そこから3年近くが経ち、こうしてまたサムが歌う姿を見ることができてとてもうれしいです。
これからもその動向を見守っていきたいと思います。


本日もお付き合い頂きありがとうございました!
この記事が良かったと思ったら、SNSなどでシェアをお願い致します。
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
関連記事

あなたは「VAPE(ベイプ)」を知っているか





※VAPEは20歳以上を対象とした嗜好品です。未成年は絶対に使用してはいけません。

※自宅、喫煙所でのみ使用するなど、マナー・モラルを考えて楽しみましょう。

※ニコチン含有リキッドについては、私的利用目的に限った海外からの個人輸入のみ認められています。日本国内における他人への販売・譲渡は法律で禁じられていますので、絶対にしてはいけません(つかまります)。

smoke-2636848_640.jpg

画像はイメージです。


どうも、碧依(@an_88star88)です。

のっけから物騒な事をたくさん書きましたが、
今日はこちら!

17-09-14-22-39-27-671_photo.jpg
VAPE(ベイプ)の紹介です!(画像は私の手持ち機種です)

ついにやってきましたこのVAPE紹介。
私、一年ほど前からVAPEというものを愛用しています。
もうこのブログを立てた時から、VAPEを紹介したくてしたくてたまらなかったんです(笑)。

今日は、VAPEの全般的な説明をしていきたいと思います。





VAPEってなんだ?

VAPE(ベイプ)とは、俗に「電子たばこ」と呼ばれているものになります。
大体の機種は「本体(MOD(モッド)ともいう)」「アトマイザー」の2つのパーツで構成されます。

本体は内部にバッテリーを入れ、電力・電圧を発生させることで、アトマイザーに組み込まれているコイルに熱を加える役割を担います。

アトマイザーもまた種類がいろいろあるのですが、ここでは細かい説明は難しいので割愛します。
ただ、共通する仕組みは存在しています。
導線を巻いたコイルを組み込んでおき、その中にコットンを通します。
コイルに通したコットンにリキッドを染み込ませ、コイルを熱することで、染み込んだリキッドを蒸気に変えるという仕組みです。

VAPEを吸うというのは、その蒸気を吸っているということになります。
言葉で書くとすごく回りくどいですね!笑
図で見るとこんな感じです↓
VAPEしくみ


「IQOS」とは違うの?

はい、違います。
後からその答えはわかるのですが、「IQOS」はれっきとしたたばこ(加熱式たばこ)です。
しかしVAPEは、定義上はたばこじゃないんです!

パッと見ると、煙を吐き出すように見えるのでたばこと同じ扱いをされることが多いです。
私も「VAPEはたばこじゃない!」と書きはしましたが、たばこに見えるという気持ちも意見もその通りだと思います。

VAPEがたばこと異なる点は大きく言うと2つ。

1.ニコチン・タール含有量0
2.たばことVAPEはそもそも仕組みが全く違う




1.まず、ニコチンとタールについて。
ご存知の通り、たばこには依存性を高めるニコチンと、発がん性があるといわれるタールを高濃度で含んでいます。
VAPEはというと、何も燃やさないのでもちろんタール0、基本的にはニコチンも0です。

VAPEに使用するリキッドは、日本で販売されているものはすべてニコチン0です。
ニコチン入りリキッドに関しては日本国内での販売・譲渡は法律(薬事法)により禁じられています。
ただし、海外から、私的利用を目的に個人で輸入をする場合に限り使用が認められています。

つまり、個人輸入したものであっても、それを販売したり、知人などに譲渡した時点で法律違反となります。
(もし使う場合は、海外から、必ず使う本人が取り寄せ、誰にも渡したり分けたりは絶対にするなってことです。)



2.次に、たばことVAPEの仕組みの違いですね。
ココが分かると、最初に言った「IQOSはたばこだけど、VAPEはたばこじゃない」の答えが出ます。

VAPEとたばこ。それぞれの仕組みは、おおざっぱに言うと以下のようになっています。

たばこ=葉っぱに火をつけて煙を発生させる
VAPE=リキッドを熱して水蒸気化する

吸い口から吸って、煙(水蒸気)を吐き出すという一連の流れから、
Vapeも一見たばこと同じように見えます。
しかし、その仕組みを比べてみると一目瞭然。

葉っぱを燃やすか、液体(リキッド)を蒸気化するか。

「たばこ」の一般的な定義は
「タバコ属の植物、またはそこから生成し喫煙等の用途に用いるもの」ということになるようです。
参考⇒たばこ(Wikipedia)

大ブームになった「IQOS」は、この定義で言うと「たばこ」です(タバコ葉を使用しているため)。
VAPEは、そもそもタバコ葉を使用しないため、「たばこ」には含まれないということになります。

よって、VAPEとIQOS・たばこは似て非なるモノ、というわけです。


たばこじゃないなら、どこでも使っていい?

ダメです。

路上や、喫煙してはいけない場所では使用しないようにしましょう。
いくら「たばこと違う」とはいえ、VAPEを知らない人から見ればたばこに見えます。

それに、VAPEはリアルたばこよりも水蒸気量が多く出ます。
蒸気とはいえ、人の顔などにかかってしまうと迷惑に思われます。

周りの人のことを考え、必ず自宅や喫煙所など、たばこを吸うことが許されている環境で使うようにしましょう。

何でもそうですが、マナーを考えずに使う人がいると、使用者の多くがそういったマナー違反を犯すように見られてしまう傾向にあります。
そうなってしまったら、マナーを守って使っている人たちまで悪く思われることになります。
それが最終的には自分の首を絞めることに繋がっていくので、必ずマナー・モラルは考えて使用しましょうね。


リキッドについて

さて先ほどから申し上げているように、VAPEは「リキッド」と呼ばれる味や香りのついた液体を熱し蒸気化して、その水蒸気を吸い込むものです。

リキッドは、主に「ベジタブルグリセリン(VG)」と「プロピレングリコール(PG)」、そこに「香料」を混ぜ合わせて作られることが多いようです。

VG・PGについては、普段あまり聞き慣れない単語なので「大丈夫なの?」と思うかもしれませんが、大丈夫です。
VGもPGも、どちらも食品添加物として一般的に使われているものです。
ただ、PGについてはたまにアレルギー反応を示す方がいるようです。
そういう場合はVG100%のリキッド(高粘度のためクリアロマイザーでは使用不可)も存在しますので、そちらを使用するような形になります。

このリキッドがなければ、VAPE本体を持っていてもVAPEを楽しむことができません。
私が購入した事のあるリキッドはこのようなものです↓

16-08-27-14-49-14-624_photo.jpg

(左がバナナミルク、右がTABACCO GOLD。どちらもHiLIQのリキッド)


16-09-26-19-46-37-306_photo.jpg

ミルクティー(KAMIKAZE E JUICE)



なんだか、スゴい色をしたものも写ってますね(笑)。
リキッドの基本的な知識について、こちらに記載しておきます。

1.メーカー
2.種類




1.メーカー

リキッドには海外メーカーと日本のメーカーがあります。
2枚画像を貼ったうち、2本並んで写っている画像はどちらも海外メーカーのものです。
透明のプラボックスに入ったものは日本のメーカーのものです。

同じ味をうたったリキッドでも、原産国やメーカーによって味が大きく異なることもあります。

海外メーカーは、「HiLIQ(ハイリク)」「Rocket Fuel Vapes(ロケット・フューエル・ベイプス)」「The Vapor Hut(ザ・ベイパー・ハット)」などが有名な所です。

日本メーカーでは「KAMIKAZE E JUICE(カミカゼ E ジュース)」「BI-SO(ビソー)」「snow freaks(スノー フリークス)」などが有名です。



2.種類

VAPEのリキッドは、数千種類は存在すると言われています。
たばこの味を模したものもあれば、スイーツ系やフルーツ系など、リアルたばこでは到底味わえないフレーバーを楽しむことができるのが最大の魅力であり、VAPEの強みだと思います。

中でも「たばこ味」リキッドについては、
喫煙者からVAPE愛用者へ移行した方でもニガテと思う方もいるという、ちょっと議論が分かれるフレーバーです(笑)。
リアルたばこを吸っていた人が減煙目的でVAPEを始める場合、最初は「たばこ味」から試すこともあるようです。

私はVAPEもリアルたばこも吸った経験がありますが、
やはりVAPEのたばこ味は結構リアルたばことは違いますね
リキッドの原料であるVGが元々甘いので、リアルたばこのあの渋みというか、燻した感じを味わうのはかなり難しいです。
減煙目的でVAPEを始める人はそこを乗りこえるか、もしくはまったく違った系統の味で好みのものを探す等、違う道を模索する事も出来ます。

私はそこまでリキッドの種類を豊富に吸ってはいませんが、
先ほどの画像に写っていた「TABACCO GOLD(HiLIQ)」はリアルたばこに近いかな、という感じがしています。

一つの種類の味に対しても様々なアプローチでリキッドが開発されており、それぞれの味を吸い比べることもできます。
また、同じメーカーの同じリキッドを使用しても、
アトマイザーや本体の設定などによって味の変化を楽しむことができるのも、俗に「VAPE沼」と呼ばれる所以(笑)。


個人的には、たばこよりVAPEが大好き!

さて、VAPE全般のお話をしてきましたが、いかがでしょうか。
私はもともとそんなにたばこを吸っていた人間ではない(月に1~2本とか笑。吸わない月ももちろんあります)ので、喫煙者とは言えないです。
そんな私でもVAPEを好きになりましたし、現に非喫煙者からVAPE愛好家になっているような方もたくさんいらっしゃいます。

個人的には、たばこよりVAPEのほうが断然好きです。
100%とは言い切れませんが、食品添加物を使用しているため、たばこよりはるかに体への害が少ないですし、味も豊富な種類から選べます。

こんな青空の下で吸うVAPEは最高ですよ。

16-07-23-12-41-33-073_photo.jpg


まとめ

なんだかんだ初めてVAPEを手にしてから1年以上たちましたし、
そろそろ新機種の購入もしたいなあと考えてます。

リキッドももっと豊富な種類に触れたいですし、
新しいVAPEやリキッドを購入した際にはこのブログでもご紹介していくつもりでいます。

VAPE本体自体は安くても5,000円以上~20,000円くらいの価格帯ですが、
一台購入してしまえば、リキッドやコイル、バッテリーなど消耗品の買い足しで長く付き合っていくことのできる嗜好品です。

いま喫煙していて「本数を減らしたい」と思っている方は、VAPEを始めてみるのもひとつの手段かなと思います。
「べプログ」というサイトだと、初心者でも使いやすくてしかも価格も安いスターターキットがたくさん売っていますよ。

さらに非喫煙者の方でも、たばこを吸うよりは化学物質を体の中に吸引する確率は遥かに下がりますので、飴をなめる代わりにVAPEを吸うというのもアリかもしれません。

あ、冒頭でもお伝えしましたが、大切なことなので最後にもう一度。

VAPEは20歳以上を対象とした嗜好品です。
未成年の使用はできません。
モラル的な問題もありますし、「ニコチン0」と謳っているリキッドでも、微量にニコチンが含まれている可能性のあるリキッドも存在します。
また、未成年にVAPEを薦める・吸わせるという行為もNGです(お酒飲ませちゃいけないのと一緒です)。

ニコチンリキッドに関しては、海外からの個人輸入による、私的利用のみ認められています。
日本国内における他人への販売・譲渡は法律で禁じられています。
絶対に行わないようにしましょう(つかまります)。

気を付けるべきところを気を付けて、楽しいVAPEライフを送りましょう。


本日はお付き合い頂きありがとうございました。
この記事が良いと思ったら、SNSなどでシェアしてくださいね。
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております!

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

SUPERFRUIT『フューチャーフレンズ(Future Friends)』ボーナストラックレビュー






フューチャー・フレンズ(日本盤)


どうも、碧依(@an_88star88)です。

ペンタトニックスのスコット&ミッチからなるデュオ・プロジェクト、SUPERFRUIT(スーパーフルーツ)
そして9月15日、彼らがリリースしたフルアルバム『フューチャーフレンズ(Future Friends)』

基本的には、EP『Future Friends Part One』と『Future Friends Part Two』を合体させたものがフルアルバム『フューチャーフレンズ(Future Friends)』となります。

ただ、このフルアルバム版には、EP版には収録されていないボーナストラックが二曲収録されています。

「Everything」という曲と、「Future Friends」のリミックスバージョンです。

音源を紹介することはできませんが、今日は私なりにこの2曲をレビューしてみたいと思います。





1.Everything(ft.Inara George)

イナラ・ジョージという女性シンガーをフューチャリングゲストに迎えたこの曲。

ドラマ性を感じる、非常に美しいバラードです。
イントロから、ミッチ&スコットの流れるようなコーラスに惹き込まれてしまいます。

イナラ・ジョージはほぼバックコーラスにまわっている感じですね。
ただ、ラストの大サビに向かうすこーし複雑なコーラスセッションでは、
イナラがセンターチャンネルで最高音・ミッチが左チャンネルで中音・スコットが右チャンネルで低音を担当しており、ここでイナラがちょっと前に出てきます。
また、CDのクレジットを見ると、彼女はSUPERFRUITの2人と共にソングライティングにも関与しているようです。

ちょっとレトロな空気も感じさせ、映画の一幕で流れていてもおかしくないような曲ですね。
(何かの映画で採用してくれないかなー)


2.Future Friends (Brian Robert Jones Choir Remix)

a3fae38ae81a8c5e42899cb810f50e0a_s.jpg

画像はイメージです。


こちらは、フルアルバムの発売前にすでにEPに収録されていた曲「Future Friends」のリミックスバージョン。

原曲はシンセサイザーやエレクトリックドラムを使用し、ポップやEDMの要素を感じさせる仕上がりでした。
一転、今回の「Brian Robert Jones Choir Remix」では、「Choir」の言葉からもわかるように合唱をフューチャーしたアレンジとなりました。

元々この曲は、スコットとミッチ、2人の友情について歌われています。

-全てが終わったら、約束する。きっと未来の友達になれるって-

MVでも表現されたように、この「全て」とは決して良い事を意味してはいないと思います。
出逢ってから今まで、衝突や意見の食い違い、他にも数えきれないくらいの問題が2人に襲い掛かって来たかもしれません。
それでも、互いの境遇や共に過ごした年月がそれらの困難を乗りこえさせ、その先に待っていたもの・・・。
スコットとミッチは、それをすでに手にしているでしょう。

日本の言葉に「昨日の敵は今日の友」という言葉がありますね。
それと同等の言葉が英語にあるのかわかりませんが、きっとこの歌で表明したかったのは、そういう事ではないかと私は思います。

過去に、互いにいがみ合いケンカをしたとしても、
それを乗りこえた未来には、その前よりもさらに強い絆で結ばれた2人が待っている―。
何度もぶつかって、何度も乗りこえる。
そうして、「昨日の敵は今日の友」になっていくのでしょう。

この「Brian Robert Jones Choir Remix」は、
2人のこれまでの道程に思いを寄せざるを得なくなるような、感動的なアレンジに仕上がっています。


まとめ

いかがでしたか?

ボーナス一曲目の「Everything(ft.Inara George)」もとても好きなのですが、
やはり特筆項目は二曲目の「Future Friends (Brian Robert Jones Choir Remix)」になってしまいました(^_^;)

この曲を作ってしまうスコットとミッチの関係性は、私からすれば心からの憧れです。
こういう関係は、付け焼刃的なものではもう創り上げることができません。
何年もかけて、じっくり育てていくしかないのです。

スコットとミッチは学生時代からずーっと一緒に居て、共に過ごしてきたその月日がいま『フューチャーフレンズ(Future Friends)』として形になったわけです。
こんな未来、彼ら自身、出逢った頃は想像もしていなかったと思います。
(しかも、その友情物語を全世界のファンたちに見てもらえて、感動してもらえているんですから)

この「Future Friends (Brian Robert Jones Choir Remix)」のレビュー、
ループ再生で聴きながら書いてて、自分でちょっとだけ泣きそうになりましたもん(笑)。

今日は、私にとってSUPERFRUITの2人はいろいろな意味で憧れの存在なのだと、改めて気付かされた記事でした!


本日もお付き合い頂きありがとうございました。
この記事が良いと思ったら、ぜひSNSなどでシェアをお願い致します。
それでは、またお会いできる日を心から楽しみにしております(^_^)/

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
関連記事

SUPERFRUIT「HOW YOU FEELING?」のMVを公開。EP『Future Friends Pt.2』第一作目





どうも、碧依(@an_88star88)です。

ペンタトニックスのメンバーであるスコットとミッチからなるデュオ・SUPERFRUIT(スーパーフルーツ)

9月15日にリリースされた彼らのEP『Future Friends Pt.2』(EPは配信限定)。
発売日と同時に、一曲目「HOW YOU FEELING?」のミュージックビデオが公開されました。





自宅を使った盛大なパーティ!

総勢何人いるかもわからないくらい、大勢で騒ぎまくる楽しすぎるMVとなっています!

いつもSUPERFRUITの動画を撮影しているときに使用している部屋がたくさん写っているので、このMVは自宅で撮影されたものと思われます。

一番わかりやすいのはラストショット。
スコットとミッチがミニソファに腰かけてポーズを決めるシーンは、
普段彼らがSUPERFRUITのトーク動画などを撮影している場所でした。

さすが、家でけーなー。。。

そのデカすぎる家を、リボンや風船などあらゆるもので飾り付け、
キラキラの紙ふぶきまでまき散らし、後掃除が大変だっただろうなと思う感じのビデオです(笑)。

なお、冒頭に彼らの友人であるマリオ・ホセ(Mario Jose)も映ってますね。
他にも探せばたくさん有名な人いそうだけど、なにせわちゃわちゃしてるから・・・笑
(あと、それを探す私の精度が良くない笑)


2人はベロベロ?

2人が外で寝ているシーンから始まります。
もうこの時点で酔いどれの予感しかしない(笑)。


メンバーのスコット(スパンコールジャケットを着ている方)によると、
「めちゃくちゃ酔っぱらってた」とのこと(笑)。


ちなみに同じくスコット曰く、このMVは4回撮影を行い、最後のテイクを使用したそうです。
ずっと飲みながら撮影していたのか、最後だったからベロベロだったよってことですかね(笑)。


ブレイクダウン(2:19~2:34)での2人の千鳥足が、演技だったらめっちゃ上手だなーと思っていましたが、

ほんとに酔ってたんだったらしゃーないわ(爆笑)

ちなみにブレイクダウンでは、スコットとミッチの顔がゆがむ映像エフェクトが使われています。
よく2人がキャッキャ言いながら遊んでる感じのやつですね(笑)。
その効果で「drunk」な感じを表現したのもウマイなと思いました。


ちなみに・・・

ミッチがたばこのようなものを吸わされる(?)描写があります(0:27)。
歌詞に「nicotine」という単語が入っているから?

吸わされるとはいっても、見た限りマネだけで、本当に吸っているわけではなさそう。
(見た感じ、たばこのようなものはミッチの口には当たっていないように見える。見た感じね)

そのミッチの後ろに、今回のアルバム『Future Friends』のジャケット写真に使われた、2人のバイクにまたがる写真パネルがありました。


まとめ

もうこんだけハチャメチャだと、まとめようもないよね(笑)。
というくらい、自宅で暴れまわるSUPERFRUITを見逃すな!

そして、この「HOW YOU FEELING?」が収録されたCD版フルアルバム『Future Friends』も要チェック!
フューチャー・フレンズ(日本盤)

本日もお付き合い頂きありがとうございました!
この記事が良いと思ったら、ぜひSNSでのシェアをお願い致します♪
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております!

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
関連記事

ペンタトニックス・スコットのボーカルにゾクゾクしちゃう3曲!(おまけ有)





happy birthday scott hoying
どうも、碧依(@an_88star88)です!

本日9月17日は、われらがペンタトニックスのスコット・ホーイングのバースデー!!
ということで、本日はスコットのボーカルにゾックゾクしちゃう3曲をご紹介!

ちなみに、最後にはちょっとしたおまけもあります(*^_^*)


スコットについて

今さら語ることもないのですが(笑)、
スコット・ホーイングはペンタトニックスを作った人物と言っても過言ではなく、
この人がいなかったらグループはこの世に誕生すらしていなかったと思います。

スコットと学生時代から友人だったミッチとカースティンの3人でずっと歌っていて、
ある日スコットが「The Sing-off(コンテスト)に出ないか?」と2人を誘ったのが全ての始まり。

いまでもスコットのYouTubeチャンネルには、3人が学生時代に歌っていた動画が残されています。

Trio singing "Telephone" by Lady Gaga


この頃からすでに、いまのペンタトニックスのコーラスの核となる部分は完成されている感じがします。
ちなみに、このレディー・ガガの「Telephone」は、ペンタトニックスとなってからもこれに近いアレンジで歌っていました。
そして「The Sing-off」というコンテスト出場に向けてアヴィとケヴィンを加え、
世界中にファンを持つことになるペンタトニックスができあがったというわけです。


さて、ちょっとした前置きを挟みましたが、
ここからはスコットのボーカルが素晴らしい3曲を紹介していきましょう!


Cracked


ペンタトニックスのコンサートでは幕開けのナンバーとして定番化した、
2015年のセルフタイトルアルバム『Pentatonix』からのオリジナル曲。

この動画、2:02~2:06の約4秒間にもわたるロングリフはスコットにしかできない名人芸!
このリフを紹介するために入れたような曲です(笑)。

ペンタトニックスのオリジナル曲としてこういう曲調が出てくるというのは、結構最初は意外でしたね。
それまで、あまりグループのイメージにはない曲調だったと思います。
しかもそれをライブで最初にやっちゃうっていう。
コーラスが観客にも歌いやすく、とっぱじめっから最高潮のテンションに上げてくれるという点では、ライブのスタートにぴったりの曲だったのかもしれませんね。


Problem


アリアナ・グランデのカバーで、全編スコットがリードボーカルを取ります(ラップパートはミッチ)。

この曲でスコットについて特筆すべきなのは、やはりサビの超高音ファルセットでしょう。
基本的にスコットはグループでは「バリトン」(テナーとベースの間の音域)というパート表記になっていますが、その域には到底収まらない音域の広さを持っています。

ここで紹介した動画ではミッチとカースティンのマイクが絞られているので、
よりスコットの声が聞こえやすくなっています(その分、スコットが間奏でコーラスにまわった際のバランスは少し崩れている)。


If I Ever Fall in Love (ft. Jason Derulo)


ジェイソン・デルーロをゲストに迎えた、アルバム『Pentatonix』からのナンバー。
ジェイソン・デルーロとスコットがツインボーカルという形での歌唱となりました。

ジェイソン・デルーロの高音に芯のある声と、
スコットの少しシャウト気味な低めの声がマッチしていてとても大好きな曲です!

私がこの曲で特に気に入っている部分は、
2:23~2:48、ジェイソン・デルーロの超高いロングノートの裏でスコットが歌うメロディ。
スコット独特のリフが効いていて、とても聴きごたえのあるパートになっていますね。

この2人の絶唱が、この曲が持つドラマチックな部分をより際立たせています。


おまけ:CARPOOL CHOREOGRAPHY


ちょっとペンタトニックスから脱線して、最近EPデビューで話題のSUPERFRUITからひとつご紹介しましょう。

この動画は2016年8月に公開されており、SUPERFRUITとしてデビューする一年近く前の物。
Kungs X Cookin' on 3 Burnersの「This Girl」に合わせて、スコットが友人たちと車の中・外で踊りまくります。
(Kungs X Cookin' on 3 Burnersの「This Girl」については、以前曲の紹介をしました。実は、この動画から好きになった曲です。)

関連記事⇒【まとめ】曲の雰囲気だけで選ぶ!夏のドライブに最適な洋楽8選

曲の使用許可などの関係なのか、一時期音声が消されていた時期がありましたが、今は無事に復活しています。

SUPERFRUITの動画ではありますが、ミッチは最後の一瞬しか出てきませんw
動画のコメント欄ではこのことが結構話題になっていて
「ミッチはこのダンスをやりたがらなかったんじゃないか」とか「ミッチ、パッと見おじいちゃんに見えた」とかいろいろ言われてましたw
おじいちゃんて・・・www

ラストのNG集も合わせて、スコットの笑顔がたくさん見られる回でした。
スコットがビデオをとりながら笑っちゃってる場面とかもありますしね(1:55)笑。

すごく楽しくて大好きな動画なんですけど
車走らせながらハンドル離したり、横向いたり結構危険な事いっぱいやってるので、真似はしないでくださいね(^_^;)
この方たちはたぶん私有地でやってるはずだから、公道でこんな危険な事はしちゃダメ×!

車はくれぐれも安全に乗りましょう。


まとめ

いかがでしたか?

ペンタトニックスは皆20代で、私も同世代なのですが、
特にスコットは生まれた年も一緒なので、そういう部分では勝手に親近感を感じています(笑)。

ただ同い年なのに、あの超絶的な歌唱力と、メンバーを思う気持ちと、彼の人間的な偉大さには脱帽するばかりです。

あそこまでペンタトニックスが大きくなり、そしてメンバーの脱退を経験し、
そのグループを作った人間として感じることの大きさに押しつぶされてしまうことなく歩むペースを緩めないその姿に、私はいつも感動しています。

これからも、ペンタトニックスとして、SUPERFRUITとして、そしてスコット・ホーイングとして、私達に感動的な歌を届けてくれることを期待しています。


※関連商品(画像クリックで商品詳細・購入も可)ペンタトニックス(最強盤)


本日もお付き合い頂きありがとうございました!
この記事が良かったら、ぜひSNS等でのシェアをお願い致します(*^_^*)
それでは、またのお越しをお待ちしております!

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
関連記事

SUPERFRUIT(スーパーフルーツ)EP二作目『Future Friends Part2』楽曲レビュー!





どうも、碧依(@an_88star88)です!!

Pentatonix(ペンタトニックス)のメンバー、スコット・ホーイング&ミッチ・グラッシによるデュオ・プロジェクト、SUPERFRUIT(スーパーフルーツ)

デビューEP『Future Friends Part1』発売から2か月半。
ついに2017年9月15日『Future Friends Part2』の発売日を迎えました
(同時に、『-Part1』『-Part2』を合体したフルアルバム『Future Friends』も発売)

本日は、彼らのEP第二弾『Future Friends Part2』に収められた7曲を、
碧依なりの観点でレビューしてみたいと思います!


『Future Friends Part2』総評

まず、正直に言いますと『-Part1』とはかなり違った印象を受けました。

『-Part1』は、どちらかというと彼らのアイデンティティを音楽に乗せ、
カラフルに表現した一枚だったと思います。
『-Part2』は音楽的な部分での進化が目立ち、よりスタイリッシュにまとめられたアルバムであるという感想を持ちました。

デビュー作は、幕開けを飾った「Imaginary Parties」のMVや「Heartthrob」に代表されるように、ミッチとスコットが持つアイデンティティの一つ「LGBTQ+」のカラーをはっきりと世間に主張したものでした。
それはLGBTの当事者である人たちを勇気づけ、当事者ではない人たちにも理解のきっかけを与えるに十分な内容であったと思います。

今回発表された『-Part2』も、もちろんその色を引き継いではいます。
ただ前作以上に、少々実験的にも思える曲(Guy.exeなど)があったりして、音楽的な面でさらに飛躍したアルバムになっていると感じました。

SUPERFRUITの世界、第二幕。
一曲ずつ聴いていくことにしましょう。


How You Feeling?


一曲目から、一緒に「How You Feeling!?」と叫びたくなるパーティーチューンが登場!
曲全体を通して聴くことができるエレクトリック・ピアノのような音がポップな印象を与えています。

クラブとかでかかってそうな曲調ですよね。
フィンガースナップス(指パッチン)やサビでの強いバスドラムに、身体を突き動かされずにはいられません。

そして、この曲は発売日と同日にMVが公開されました。


Hurry Up!

先日紹介した、アメリカのTV番組「The Late Late Show with James Corden」でも歌唱された、『Future Friends Part2』のリード曲的位置づけの「Hurry Up!」。

関連記事⇒SUPERFRUIT、ついに初のTVパフォーマンス!

前曲の「How You Feeling?」の強めのビートを引き継いではいますが、より爽やかな印象を持ちます。
(サビに歌の後ろでコードを鳴らしている「シャラリーン♪」という音のおかげか?)

全体的にシンプルで、スッキリとした音構成。
それなのにノレるという素晴らしい一曲ですね。
サビの後半~次のバースへのつなぎに流れるフレーズが好きな感じです。

2番のAメロの終わりに、コイン獲得したみたいな音が鳴るのが個人的にツボ(笑)。


Deny U

碧依のお気に入り・第3位!

踊り狂う系の前2曲から少しクールダウンさせてくれる曲。
ちょっと大人な感じのサウンドですね。

サビで流れるフレーズに、若干のDaft Punkっけを感じます。
ラストの大サビに入る前のところなんかは、そのままDaft Punkの曲にありそう(笑)。

アルバム全体の流れ的に、曲順も『-Part1』での「Worth It(Perfect)」と似た感じのはたらきをしている曲ですね。


Goodbye From Lonely

13fcf43745db0f357e2e45964637f27b0_s.jpg

(画像はイメージです)


メンバー・スコットのいちおしソング!

全体を通して、ギターが大々的にフューチャーされた曲ですね。
サビでのカッティングやAメロのコードストロークなど、雰囲気づくりに大いに貢献しています。

スコットとミッチのボーカルがとても優しい印象。
なんか個人的に、夕陽に合いそうな曲だなと思いました。


Guy.exe

碧依のお気に入り・第1位!
そして、メンバー・ミッチのいちおしソング!


サビではおそらくオクターバーを使用していて、ミッチ↑(最高音)・スコット→(中音、ミッチのオクターブ下)・最低音↓(スコットのオクターブ下。これが多分オクターバーで出してる音)という、最低でも三層に分かれた厚みあるボーカル。
この効果により、ちょっと不思議な感じの仕上がりになっています。

この曲でも、間奏にDaft Punkっぽさを感じます。
ある意味では「Deny U」よりもDaft Punkに近い曲かもしれません(もしかしたら本人たちはあまり意識してないかもしれないけど)。

曲の途中に入る、ミッチのセクシーなセリフは必聴!
今からMVが楽しみだわ(^O^)


Fantasy (Ft. Amber Liu)

碧依のお気に入り・第2位!

非常に凝った作りの曲が多い『-Part2』の中では比較的キャッチ―で、洋楽をあまり聴かない人でも親しみやすい曲だと思います!
それに、全体的に遊び心も感じる音作りなので、繰り返し聴いてもまったく飽きのこないアレンジになっているといえるでしょう。
プロデューサーにDanny L Harle(ダニー・L・ハール)を迎えている、というところもポイントですね(『-Part1』の「Worth It(Perect)」もそうです)。

フューチャリングゲストとして迎えた「Amber Liu」について少し調べてみました。
台湾系アメリカ人の女性歌手で、韓国で活躍する「f(x)」というグループのメンバーだそうです。
グループではラップとサブボーカルを担当しているとのことですが、参加してくれたこの「Fantasy」には、彼女のパンチの利いたラップと透き通った歌声が見事なフィッティング。

この曲で気に入っているのは、曲調ももちろんそうなのですが、2番でリードボーカルを取っているスコット。
「なんか、スコットの声じゃないみたい!」と思ったのが第一印象。
聴いた人は分ってくれると思うんですが、もうさ、ここのスコットの声ヤバいよね。
ちょっとシャウトな感じで、でも歌い終わりは優しい、みたいな。

このスコットのリード部分めちゃくちゃ好き。
ここだけ鬼リピで、最低でも1000回は聴けるね!(笑)


Keep Me Coming

『-Part2』ラストの曲。
なんだか、あっという間にここまで来てしった、という感じです。

シンセサイザーをこれでもか!というくらいに使っていて、そのサウンドは80年代っぽさも少し漂わせています。

フルアルバムだとこの後にボーナストラックが入ってきますが、
基本的に『Future Friends』プロジェクトのラストを飾る曲と捉えることができます。

個人的に「Keep Me Coming」について感じているのは、ラストの曲にしては、まだ続きがあるような感じにさせる曲だということです。
悪い意味で言うつもりはまったくないのですが、締めにしてはなんとなく「コレで締まったな!」という感覚にならない曲だと思いました。

『-Part1』のラストに、タイトル曲である「Future Friends」を持って来てしまっていたために、『-Part2』のラストはどうなるのかなと思いました(半ば心配していました)。
アルバムの発売前に『-Part1』と『-Part2』の存在があることは明らかにされていたので、個人的には「Future Friends」が『-Part2』のラストでも良かったかなという気がします(^_^;)

ここはEPの紹介の場なので深く紹介はしません(というかまだ聴けてない笑)が、フルアルバムのボーナストラックで「EVERYTHING」という曲があります。
元々このアルバムを制作した時点でこの曲の存在はあったはずなので、はじめから「EVERYTHING」に繋ぐというつもりで「Keep Me Coming」をEPのラストにしたのかな、という考え方もできるかもしれません。


まとめ

本日は9月15日に発売されたSUPERFRUIT『Future Friends Part2』の楽曲レビューをお届けしました!
いかがでしたか?

実はですね、この記事を執筆している最中に、フルアルバム『Future Friends』(日本盤)が我が家に届きました!!(笑)
日本盤の解説などにつきましては、また別の記事でお話ししたいと思っております。
これからちょっと曲を聴きながら和訳などを読む時間を取り、CDレビューの執筆を開始したいと思っております。(びっくりするぐらい内部的発言だな・・・笑)

あと、『-Part1』でもそうだったように、
『-Part2』も全曲MVの公開があるようなので、各曲のMVレビューも随時投下していきますのでお見逃しなく!


収録作品:フューチャー・フレンズ(日本盤)


本日もお付き合い頂きありがとうございました!
この記事が良かったら、ぜひSNSでのシェアをお願い致します。
それでは、またのお越しをお待ちしております!

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
関連記事

SUPERFRUIT、ついに初のTVパフォーマンス!





どうも、碧依(@an_88star88)です。

EP『Future Friends Part1』で世界デビューを果たしたSUPERFRUIT(スーパーフルーツ)のミッチとスコット(fromペンタトニックス)が、昨日9月14日(日本時間)にアメリカのTVで初パフォーマンスを行ないました!

今回は、そちらの様子をご紹介したいと思います!

(サムネイル左がスコット、右がミッチ)


SUPERFRUIT初TV!披露曲は「Hurry Up!」

ペンタトニックス(Pentatonix)というモンスター・グループを飛び出し、
SUPERFRUIT(スーパーフルーツ)として、たった2人で初めてTVでライブパフォーマンスをしたミッチとスコット。

披露曲に選ばれたのは、
2017年9月15日発売のEP『Future Friends Part2』及びフルアルバム『Future Friends』に収録され、AmazonやSpotifyなどで先行シングルとして公開された「Hurry Up!」
EP単位で見た時に、『-Part1』は「Bad 4 Us」、『-Part2』はこの「Hurry Up!」がそれぞれリードシングルといった立ち位置になっているようです。

ミッチの高音とスコットの低音が歌に厚みを持たせ、強いビートに体が動き出してしまう、ノリのよい一曲。
カフェ風のセットを使い、ダンサーたちとも絡みながら楽しく歌っています。


どんな体力してんの!?歌いながらずっとぴょんぴょん飛び跳ねる2人

手拍子や歓声なども聞こえて来て、結構イイ感じでパフォーマンスしてますね。
ミッチもスコットもとても良い表情をしていたのが印象的でした。

このTVパフォーマンスに言えることは、
「ひたすらに、ぴょんぴょんしている」ということ。
もう、ぴょんぴょんしすぎてそのまま宙に浮きそうなくらい(笑)。

彼らはペンタトニックスのメンバーとしてアカペラで有名になりました。
SUPERFRUITでは、EDMやPOPなどの要素を併せ持つサウンドを前面に押し出したミュージックトラックを使用しています。
アカペラのように常に歌い続ける必要がなく、より激しいダンスを加えることも可能になりました。

まあ、ペンタトニックスはアカペラであってもダンスを取り入れたパフォーマンスをよく見せていて、
特にミッチに関してはグループでも常にぴょんぴょんした感じの動きをしているのであまり変わらないか(^_^;)

ぴょんぴょん跳ねるSUPERFRUITの2人と、
身体をくねらせて踊るダンサーたちの対比が視覚的にもおもしろいなと思いました。
ダンサーよりもぴょんぴょんするシンガーってどういうこと?(特にミッチ)笑
811405.png
ミッチとスコットのすごいところは、ここまでぴょんぴょんジャンプしてるのに一切声がブレないこと。
これがどのくらいすごいのかピンと来ない方は、試しに2人くらい飛び跳ねながら「アーッ」て声出してみてください。
息も切れるでしょうが、その前にきっと声がブレブレになります(笑)。
相当腹筋が鍛えられていないと、声は絶対にジャンプの振動に引っ張られてしまいますからね。
2人の腹筋の発達度合いがよくわかる映像ですね(笑)。

あと、これだけ飛び跳ねながら歌ってて、苦しげな感じを見せないのもスゴい。
そりゃ、2人ともラストに近くなってくると多少息が上がっている感じは見受けられますが、
それでも声が出なくなっているという様子はありません。

グループで経験した二度のワールドツアー、そして数々の大舞台でのステージ・・・。
それらをこなすためには、相当の体力を必要とします。
スコットは時々ジムに行った際の写真などをSNSにアップしていたようですが、
一見華奢に見えるミッチもかなり体力(持久力?)は鍛えているはずです。

2人の体力と肺活量には脱帽です。
(「ぴょんぴょん」って何回言ったでしょう)


出演番組:The Late Late Show with James Corden

今回SUPERFRUITが出演したのは[The Late Late Show with James Corden(レイト・レイト・ショー・ウィズ・ジェームズ・コーデン)]という、アメリカで深夜時間帯に放送されている番組でした。

この番組について少しだけ調べてみましたが、
MCは何度か交代しているもののかなりの年数続いている長寿番組のようです。
初代[The Late Late Show]は1995年スタート。20年選手ですね!!
MCは現在のJames Corden(ジェームズ・コーデン)さんで4代目だそうです。

代表的なコーナーとして「Carpool Karaoke(カープール・カラオケ)」があり、これに数多くの有名ミュージシャン達が登場しています。
エルトン・ジョン、ケイティ・ペリー、ブルーノ・マーズ、エド・シーラン、レディー・ガガ、ジャスティン・ビーバー・・・。
ここに挙げただけでも、そうそうたるメンバーですよね!

そんなスゴい番組に、SUPERFRUITが呼ばれちゃったんです!
今回はスタジオでのライブパフォーマンスでしたが、
いつの日かこの超有名企画にSUPERFRUITが登場してくれることを願います。


まとめ

このSUPERFRUITのTV出演は、事前に公式ツイッター等で大々的に告知され、日本でもかなり期待が高まっていたものでした。
もちろん私も、できればリアルタイムででも観たいと思っていました。
(アメリカでは深夜時間帯の放送ですが、その時間は日本ではお昼ごろにあたります。)
ま、仕事だから無理だったんですけどね!

でもその日の夜には、公式チャンネルがYouTubeにパフォーマンス動画を上げてくれる。
本当に良い時代に生まれたなと思いますし、SUPERFRUITの2人も本当に良い時代に生まれてくれたと思います(笑)。
こうしてブログを通して彼らの活躍を紹介できて、私は幸せ者ですよ(シミジミ)。

そして、いよいよ本日発売になったアルバム『Future Friends』!
私はネットショップで購入しており、まだ手元にはCDが到着していません。
手元に届き次第、商品&楽曲レビューをアップしたいと思います!
ただ前半の曲たちは以前「ついにリリース!SUPERFRUIT『Future Friends - Part One』レビュー」という記事でレビュー済みなので、どういう形で展開していこうか考え中です。

これを書いているのは9/14の夜なのですが、今からワクワクが止まらなさすぎてミスタイプしてばっかり(笑)。
(今回紹介した動画をループ再生しながら書いてます!)

ペンタトニックスとして、SUPERFRUITとして、走り続けるミッチ&スコットをお見逃しなく!
あ、あと、このブログもお見逃しなく!!(笑)


フューチャー・フレンズ(日本盤)(画像クリックで商品詳細。9/15以降は購入も可)


本日もお付き合い頂きありがとうございました!
この記事が「良い記事だ!」と思ったら、即SNSでシェアしてください(笑)。
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております(*^_^*)

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

碧依

Author:碧依
「あおい」と読みます。
洋楽が好きで、ポケモンGOが好きで、 それらの事とか他の事とかも含めてブログを書いている人。好きな色は赤。好きな動物は猫とリラックマ。
なお、Twitterではこのブログの更新や、碧依のつぶやきをリアルタイムでお届けしています!
Twitter → @an_88star88

最新記事一覧

ついに冬が来た・・・必須アイテム「着る毛布」 Nov 20, 2017
SUPERFRUIT、「KEEP ME COMING」のMVを公開。アルバム『Future Friends』ラストソング Nov 19, 2017
プロフェッショナルが、組織を強くする Nov 18, 2017
Jason Chen「Best Friend」 - 時を経ても色あせない美しさ - Nov 17, 2017
オーストラリア、同性婚合法に向けて大きな一歩!日本での合法化はいつ? Nov 16, 2017

Feedlyに登録↓

follow us in feedly

訪問者数

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR