Walk Off the Earth、秀逸なのに笑えるカバー3選(+おまけ)





どうも、碧依(@an_88star88)です。

「Walk Off the Earth」というバンドをご存じでしょうか?

私は何年か前に彼らの存在を知ってから、
YouTubeのチャンネル登録をしてよく観ています。

今日は、その「Walk Off the Earth」について紹介します!
めっちゃ楽しいですよ、この人たち。


はじめに、Walk Off the Earthについて

彼らは、カナダで結成されたバンドです。

◆メンバー◆

ジョエル ⇒ ドラム・パーカッション。イケメン。

ジャンニ ⇒ ボーカル・ギター・ベースなど。長髪。

ライアン ⇒ ボーカル・ギター・ピアノなど。声が渋い。

マイク ⇒ ピアノ・コーラス・面白担当(?)。とにかく顎ヒゲ。

サラ ⇒ ボーカル・ギター・ウクレレなど。紅一点。


以上5名。

オリジナル曲も出しているのですが、どちらかというとカバー曲が多い印象のバンド。

多くの曲でリードボーカルをとるジャンニさん(長髪の人)は、
その少しかすれた声がとても魅力的。おまけに歌唱力も高い!

そして、彼らのビデオの魅力は、
あごのヒゲが特徴的すぎるマイクにさんよるところも非常に大きいんです。

今日これからご紹介する4曲は、
Walk Off the Earthの肝でもあるマイクさんが活躍(?)しているビデオになります!
個人的にどれも好きすぎるビデオです(*^_^*)


「Somebody That I Used to Know」(Gotyeのカバー)


私がWalk off the Earthを知るきっかけになった動画。
何年か前に、ニュースアプリか何かで紹介されていて知りました。

一本のギターを5人で弾いちゃってます。
ギターってそんな複数人で弾いていいのかww
まあ、ピアノにも連弾ってありますからね。
ギターの連弾もありか(笑)。

私は1人でしか弾いたことないですけど(だいたいみんなそうでしょ笑)、
ギターを5人で弾くってすごく大変なことだと思うんですよね。
全員が歌いながら弾いているので、もし誰かが力入っちゃってネックを「ガッ!」とかやると、
それだけでみんなのバランスが崩れちゃいますから。
あと、自分が押さえたい所・弾きたい所に誰かの手や腕が被ってるとそこに行けなくて、
そもそもスムーズな演奏ができないということもありそう。
ちゃんとそうならないように、何度もリハーサルを重ねたんだろうなと思わせるカバーです。

そして、注目のマイクさん!
一番右に立って、ギターのナットの上の部分を「カリャン・・・カリャン」と鳴らしております(笑)。
ギターのナット上って、和音が変えられないんですよ。
ペグ(チューニングの時に回すところ)に行くまでのつなぎの部分なので、
そもそも音楽を奏でるための部分ではないからですね(笑)。
彼はなんとそこをカリャンカリャンと弾(はじ)くことで、曲にアクセントを生み出してるんです!!
曲の調にも左右されるはずですが、もしかしてキーはここに合わせたのかな?(笑)
そう思うくらい見事にハマッている・・・!!

あと、マイクさんがちゃんとギターのヘッドを押さえてくれてるから、みんながバランスを崩さないで弾けているっていうのもありますよね。
地味だけど、楽してるように見えるけど、一番大変な所かも!!


「All Time Low」(Jon Bellionのカバー)


「Somebody That I Used to Know」の進化版という感じですね。
こちらも、5人で一本のギターを弾いています。
最初はギターだけで演奏していますが、途中一番左でギターパーカッションをしていたジョエルさんが堂々とパッドを貼りつけ始めます(笑)。
このパッドでドラムの音やSEを出したりして曲に盛り上がりをつけてます。

さて、この曲のマイクさん注目ポイント(笑)です。
「Somebody ~」と同じく、ギターのナット上の部分でアクセントを出していますが、
今回はなんか棒でカンカン叩いてるww
「Somebody ~」のときよりも、さらにこのナット上の音が重要な役割をしています。

そしてマイクさん、サビに入った瞬間に「ブァーッ!」と吠えます(笑)。
しかもリズムに合わせて何度も吠えます。
吠えた後はまたポーカーフェイスでコーラスに戻るという(笑)。

曲のラストでは、真ん中の3人がシャウトにも近いコーラスを歌い、
その後ろで左右の2人が「Low low low...」とバックコーラスを続けます。
すごく広がりがあって感動的なところです。
ここでもマイクさんは吠えるのを忘れません。
感動的な所なのにちょっとクスッときてしまいます(笑)。
狙ってるよね、完全に(笑)。


「Drag Me Down」(One Directionのカバー)


今回紹介するビデオの中で、一番の推しビデオはこれかな(*^_^*)

紅一点・サラさんのボーカルから始まります。
サラさんは女性ですが、あまり甲高い声ではなく、クールな感じで低いところもちゃんと出て来ます。
この曲のAメロも、女性には結構低い音域だと思うのですが、しっかり胸に通った芯のある声で歌ってます。

さらに、「Drag Me Down」ではギター&ボーカルのゲストとして
同じくカナダから”Arkells”というバンドのマックス・カーマンさんを迎えています。
マックスさんの音域が低いのと、Walk Off the Earthのジャンニさんが男性でありながら高いところが出るので、その対比も聴きごたえを増す一因となっている感じですね。

カリンバとバス・カリンバ(ジャンニさんが弾いてる大きいやつ)を使用したり、
バケツに缶や瓶などを詰めたものを踏み鳴らすなど、スキッフルっぽい素朴なアレンジになっています。

さて、マイクさんに注目しましょう。
2:43ごろにワインレッドのカーテンから突然現れ、おもむろに横にある皿を手に取ります。
そして、リズムに合わせて床に置いたバケツに「ガシャーーン!!!!!」wwww
しかも、ノールック&無表情で。
あの小さいバケツの口に、皿を縁に当てることなく投げ入れるって相当な高等技術ですよ!w
まあ、最初の一枚こそカケラがはみ出てますけど(ドラムに当たってるっていうw)、
それ以外、映っているところでは全部ぴったし投げ入れてます!

私いくつかWalk Off the Earthのビデオ見ましたが、
この曲のバケツに皿たたきつけるところが一番ツボですwww
何回も観ちゃうww
何回も観ちゃうのに、一向に慣れることができなくて毎度爆笑するという(笑)。
このビデオは本当にイチオシです!!(皿を割るところが)


番外編「Hello」(Adeleのカバー)


これは番外編です。
マイクさんが面白いビデオじゃないのですが(というかそもそもマイクさん出てこない)、
別の面白ポイントがありどうしても紹介したかったので今回番外編にしました。

2年程前にバカ売れしたアデルの名曲「Hello」。
Walk Off the Earthは何度かこの曲をカバーしていますが、
今回はMylesさん&Isaacさんという二人のタップダンサーをゲストに迎えたバージョンをご紹介。(ごめんなさい、読み方わからなかった 汗)

この曲をやるときは、毎回このグルグルまわす楽器(?)を使ってカバーしてます。
これがどういう原理なのかは今回の注目ポイントではないのでサラリと素通りします(おい!w)。
・・・本当は調べてもよくわからなかっただけです、すいません(・_・;)
頑張って調べて追記します。

さて、この曲での注目ポイントは、
両サイドにいるゲスト2人の「社会の窓」!ww
Aメロで、2人がズボンのチャックを「シャッシャッ!」とやってリズムを出してるんですね(笑)。
これ、よく考えたなーと思うけど、はさまないか心配になるよね。
リハも何度もやってるだろうけど、大丈夫だったのかな(笑)。

動画2:35あたりでチャックシャッシャが終了になるんですけど、右の人は最後、閉めて終わってるんです。
ここで見てほしいのは左の人!
左の人は、開いて終わっちゃったもんだから、2:40くらいで音が入らないようそっとチャックを上げてます。
ここかなりツボですww
めっちゃそーっと閉めてるんだもんww
もうこれが気になって歌聴けないわ、本末転倒(笑)。


まとめ

いかがでしたか?本日のWalk Off the Earth特集、楽しんで頂けましたか?
やっぱりイチオシは「Drag Me Down」なんですが、ここで紹介した以外にも、
彼らはたくさんの曲をたくさんの手法でカバーしてます!

ものすごくクリエイティブで、しかもそこに笑いも入れられるという能力の高さ!
楽しい動画いっぱいなので、ぜひ彼らのチャンネルもチェックしてみてくださいね!

Walk off the Earth公式YouTubeチャンネル


本日もお付き合い頂きありがとうございました!
この記事が「良かった!」と思ったら、ぜひSNS等でシェアしてください♪
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております(*^_^*)
関連記事

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

碧依

Author:碧依
「あおい」と読みます。
洋楽が好きで、ポケモンGOが好きで、 それらの事とか他の事とかも含めてブログを書いている人。好きな色は赤。好きな動物は猫とリラックマ。
なお、Twitterではこのブログの更新や、碧依のつぶやきをリアルタイムでお届けしています!
Twitter → @an_88star88

最新記事一覧

ペンタトニックス、アヴィ正式脱退後初のMV「Away in a Manger」を公開。 Oct 21, 2017
SUPERFRUIT、「Goodbye From Lonely」のMVを公開。切ない歌の世界をモノクロで表現 Oct 16, 2017
【速報】ペンタトニックス、新たなベースを迎え入れる。 Oct 14, 2017
「さっぽろレインボーマーチ+(プラス)」は、素晴らしいプライド・パレードだった。 Oct 10, 2017
SUPERFRUIT、アルバム『Future Friends』より新MV「Deny U」を公開 Oct 08, 2017

Feedlyに登録↓

follow us in feedly

訪問者数

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR