バースデー記念!Queenのドラム、ロジャー・テイラーのソロ曲お気に入り4選





HBD Roger
どうも、碧依(@an_88star88)です。

バースデー企画が続きます!(*^_^*)
今日7月26日は、Queenのドラマー、ロジャー・テイラーのバースデー!

Happy Birthday, Roger!!((o(≧∇≦)o))

私は中高生時代からクイーンを聴いていて、
最初にソロ曲に興味を持ったのはロジャーのものでした。

今日で御年68歳!( ゚ ω ゚ )
そのロジャー若かりし日のソロキャリアの中から、特に私がお気に入りの曲をセレクトしてお送りします!


Man On Fire


Queenがまだオリジナルメンバーで活動していたさなかにリリースしたソロ曲(若いっ!笑)。
昔は公式からの映像は出ていませんでしたが、時を経て綺麗な音と映像で観ることができて嬉しいです(*^_^*)
イスを蹴倒したり、ドラム缶を叩いたり、あふれる若さと激しさが感じられるビデオ。

「俺はこの狂った街を焼き尽くしたいんだ!!!」と叫ぶ歌詞も激しさを伴っていて、
この曲を初めて耳にした当時高校生の私にはかなり響いた曲でした。
学生の頃って、そういう気持ちになる時代があるんですよね(笑)。
でも、26歳の今となっては「社会人になってもそう変わらないな」と思うこともあります(笑)。


Pressure On


動画タイトルにある[Cyberbarn]とは[納屋]のこと。
その名の通りこのライブはロジャーの自宅にある納屋で行われ、ロジャーの友人たちをメインに200名ほどを招待して開催されたもの。
一件プライベートな空間な感じがしますが、この模様は当時インターネットで世界にリアルタイム中継され、その場でアクセス数のギネス受賞の表彰を受けました。
このライブは、ロジャーのソロアルバム『Electric Fire』のプロモーションも兼ねて行われたものです。

いやー、久しぶりに観てみたら公式のものがあって驚きました!(笑)
初めて見た時と全然音も違うし臨場感も違う!!
昔見ていたのは、TVで放送されたものか何か(VHS版?)だったので、臨場感とかはなかったんですよね(^_^;)
それでも、後述する「Surrender」をはじめとしたロジャーのソロ曲の、ロックでありながら美しいメロディに心を奪われました。

この「Pressure On」の映像では、冒頭でロジャーもドラムを叩いています。
スネアを叩く瞬間にハイハットを少し開けてアクセントをつける叩き方は、昔も今も変わりません。
ちょっぴり不穏な雰囲気のイントロから、ブワーッと世界が広がるようなAメロの最初のコードへの展開が素晴らしすぎます。

ライブでは「We Will Rock You」に続く2曲目として演奏され、
実際のアルバム『Electric Fire』では1曲目に収録されていました。


Surrender


こちらもロジャーのソロアルバム『Electric Fire』に収められた一曲。
この曲のメロディラインが大好きで、学生時代ずーっと歌ってました(笑)。
私の世代でクイーンのロジャー・テイラーのソロ楽曲を歌ってる(というか知ってる)同級生はまずいませんでしたね(笑)。

サビは、言ってしまえばすごく簡単なメロディなのに、なんて美しいんだと感動しました。
ここで紹介しているのはプロモーションビデオのバージョンですが、私はCyberbarn Liveのバージョンのほうが好きです。
(YouTubeには一曲だけの公式映像はありませんが、フルライブの動画にはもちろんおさめられています。32分30秒からが「Surrender」です。)


Foreign Sand


日本における伝説のロックバンドX JAPAN・YOSHIKIさんとのコラボ曲。
この曲で日本の音楽番組にも二人で出演したようです。
作曲はYOSHIKIさん。その曲にロジャーが詞をつけたもので、正真正銘の共作です。
ロジャーは少ししゃがれの強い声をしていますが、こういったバラードを歌うときはしゃがれ成分(?)が少し薄まって、もうひとつの特徴である高音の部分が多く出てきます。
それぞれのバンドでは同じ”ドラマー”として活躍する二人が生み出した、奇跡のコラボです。


まとめ

ロジャー・テイラーの魅力はそのドラミングもさることながら、
メロディメーカーとしての部分も大きいと私は思っています。
使う音数は限りなく少ないのに、とても美しいメロディを書くのがロジャーの特徴です。
それはソロ曲に限らず、クイーン時代の曲にも同じことが言えるでしょう。
今回並べた曲も、メロディラインが特に美しいと思うものばかり(ラストの「Foreign Sand」だけはロジャーの作曲ではありませんが)。

本当はブライアン・メイのバースデー企画もやるべきだったとは思いますが、
彼は私と同じ誕生日(←知った時めちゃくちゃ嬉しかった)なのでどうも機を逸してしまって・・・(^_^;)
ブライアン特集は近いうちにやりたいと思います!


本日もお付き合い頂きありがとうございました!
この記事が良いと思ったら、ぜひSNS等でのシェアをお願い致しますm(_ _)m
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております♪
関連記事

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

碧依

Author:碧依
「あおい」と読みます。
洋楽が好きで、ポケモンGOが好きで、 それらの事とか他の事とかも含めてブログを書いている人。好きな色は赤。好きな動物は猫とリラックマ。
なお、Twitterではこのブログの更新や、碧依のつぶやきをリアルタイムでお届けしています!
Twitter → @an_88star88

最新記事一覧

SUPERFRUIT、「Goodbye From Lonely」のMVを公開。切ない歌の世界をモノクロで表現 Oct 16, 2017
【速報】ペンタトニックス、新たなベースを迎え入れる。 Oct 14, 2017
「さっぽろレインボーマーチ+(プラス)」は、素晴らしいプライド・パレードだった。 Oct 10, 2017
SUPERFRUIT、アルバム『Future Friends』より新MV「Deny U」を公開 Oct 08, 2017
ペンタトニックス・ケヴィン、「魅力の三角形」 Oct 05, 2017

Feedlyに登録↓

follow us in feedly

訪問者数

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR