【覚書】行動=計画力×精神力×時間【独り言】

あれもしたいし、これもしたいし、
あそこも行きたいし、ここにも行きたい。


やりたいこと、行きたいところ、それはたくさんある。

「一日が24時間じゃ全然足りない!」

「会社行ってる時間があったら、もっといろんなことができる!」

そう思ってしまうくらい。
でも、はたして時間が増えれば、それで私は満足するのだろうか。


時間があるという事と、自分が行動できるという事は違う。
行動したくても時間がない時があるなら、時間があっても行動できない時もある。
もし今自分の時間が8時間増えたとしたら、私は自分のやりたいことをすべて実行できるだろうか。

やりたいことをやるには計画力も必要だ。
いつ、何を、どのくらいの時間をかけて行うのか。
その計画力は自分にあるか。

やりたいことをやるには精神力も必要だ。
やりたいと常日頃思っている事でも、体調や精神状態によって、
いざやろうとすると腰が重いなどということはないか。


実際に時間が増えてみたら、
いつまでも行動を起こせなくて、でも何かをやりたくて。
そんな自分にいらだちをおぼえているかもしれない。

そもそも、そんなふうに考えていること自体、
今やりたいと思っていることは、本当にやりたいことなのか?
本当にやりたいことなんだったら、やりたいという気持ちが強いんだったらやればいい。
自分では、これは最高にやりたいことだと思っている。
それなのに、どうしてこんなふうに考えてしまうんだろう。


私には、こういう精神のサイクルがある。
やりたいことはある。
でも、できない。
時間はある。
でも、できない。

答えを求めようとしても、そこには「やらないから、できないんだ」としか書かれていない。
そういうことじゃない。
でも、そういうことなんだろう。

時には立ち止まることも必要だ。
立ち止まりたいときには、思い切って立ち止まってみるのもひとつの手段だ。
こういう後ろ向きのサイクルに入った時、
私はいつもそう自分に言い聞かせている。
でも、それは結局のところ言い訳でしかないのではないだろうか、とも思ってしまう。
今自分がやっていることは、心から自分がやりたいと思っていることではないのではないか。
やりたくないんだったら、それはもう自分がやりたいと思っていることではないのではないか。

やりたいことをやるって、言葉だけ見れば簡単な事だ。
ただ自分が好きなように、自分が思うように動けばいいだけ。
でも、少しでも迷いが生じると、これまでの歩みの速さが嘘だったかのように止まってしまうことがある。
それが、今なのかもしれない。
人間には、良い時と悪い時が必ずある。
ただ、私には良い時が圧倒的に少なすぎるのだ。

悪い時が永遠に続くわけではない。
いつかは良いサイクルに入る時も来る。
その時を、辛抱強く待つしかないのだ。
関連記事

↓シェアなどはこちらから↓


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。