読書記録について感じている事





4c94c10e66d65b28f7c5e726d89945b2_s.jpg
どうも、碧依(@an_88star88)です。

今日は、全然音楽の話でもポケモンの話でもないのですが(笑)、
ちょっと私の悩みを書きたい気分だったので、こういった記事になりました。

昨日UPしている読書記録を書いた後、
どうにも腑に落ちない感覚が残りました。

読書記録、俗にいう書評と言われるものを、せん越ながら私も書かせて頂いております。
ただ、その書き方についてとても難しいなと思いました。

今日は、そのことについて悶々してしまったので、ちょっと吐き出させてくださいm(_ _)m


記事に反映する範囲の見極めが難しい

私は読書記録を書く時に、本の中の文章をいくつか引用しています。
引用自体は悪い事ではないと思いますが、難しいと思っているのはその数。

少なければ少ないほどいいということではないのかもしれませんが、
多ければ多いほどその本のネタバレになってしまいます。
そうなってしまうと、もう引用というより盗作に近くなってしまいますし、
なにより著者さんに失礼かなと。

やっぱりなるべく引用箇所を少なく、
感じたり考えたりしたことを、自分の言葉でまとめていかなければなりません。

そうなると、私には足りていない力があります。


高い文章力が必要だということがわかった

本の内容・魅力を自分の言葉で説明するためには、結構文章力が必要ですね。

私はどうしても、本の中の言葉にまだまだ引っ張られてしまってます。

本を読んで、自分で思ったり感じたりしたことを文章にするとき、
その本の内容を長々書き連ねなければならないというのは、自分の文章力の低さを露呈しているなと思いました。

昨日もひとつ読書記録を上げてますが、
あれも書いては消し、書いては消しを繰り返してあの状態です。

ぶっちゃけた話、読書って自分の実にできて、
それを基に行動できればそれでいいので、読書記録ひとつにそこまで考える必要もないのかなと思う自分もいます。

でもやっぱり、それを読んで何かを感じて、その本を買うか決める人もいるかもしれない。

そう考えた時に、自分が書いた言葉が背負ってる責任とか、
多少なりともそういうものを感じたりするわけですよ。

もちろんそれは読書記録だけではなくて、全ての記事に言えることですが。

読書記録は基本的に自分のために書いている部分が大きいカテゴリですが、
やっぱり相手(著者さん、このブログを読んでくれてるみなさん)があることなので、
「読んで頂いている」ということも意識する必要があると思ってます。


そもそも、数がまだまだ少なすぎる

9eb90ee4b26cb5732b29a0eaa619bb7a_s.jpg
結局何でこういう思考になるかというと、単純明快。

読書記録(書評)を書いてる本数が足りないから。

良い記録のつけ方を自分の中で落とせてないんですよね。
その解決策の一つとして「他の人の書評を読んで書き方を学ぶ」という考え方があります。
結局のところそれも、インプットであってアウトプットではないわけですね。

自分のしっくりくる書き方を見つけるには、
自分で手を動かして書く以外にないんです。


だから、もっと「読む→考える→アウトプットする(記録をつける)」というルーティンを数多くこなしていく必要があると感じています。
もちろん、それに「速さ」はまだ必要ないと思ってます。
「速さ」を求め始めると、自分で求めた「速さ」に自分が適応できなかったときに撃沈して終わるだけなので。

ゆっくりでいいから、数を多くこなすこと。

それが当面の目標になりそうですね。


読書記録、数をこなすには

読書記録を多く書いていくには、その分多く本を読む必要があります。
当り前ですね(^_^;)

私は日中9時間を会社に拘束されて、
その前後に合計1時間ほどの通勤時間があります。
一日のうち10時間は仕事(会社)に使ってるわけです。

そして、大体6~7時間を睡眠に充ててます。
その他の時間でこのブログを書いて、ご飯食べて、風呂入って・・・
結構カツカツなんですよね、正直(^_^;)

ただ、そこで「時間がないから」とか言ってるうちはダメだなって思ってます。
受動的に時間が空くのを待つんじゃなくて、能動的に時間を作って、自ら積極的に動くべきです。
時間が空くのを待ってても、一生時間は空かないです(^_^;)


待ってても何も始まらない

ここからはちょっと余談です(^_^;)
何でもそうですけど、やっぱり「待ってても何も始まらないな」って最近考えてて。

仕事だと「仕事はもらうんじゃなくて探せ」とかよく言うじゃないですか。
それと同じで、やっぱり自分を変えようとか、何かをやりたいと思ったら、
それができる時を待ってるだけじゃ、いつまでたってもその時は来ない。

「やろう」と思ったら、すぐにでも行動に移す。
すぐにできない状況にあるなら、メモにでも書いておいて、期限を決めてその期限までに必ず実行する。

私も読んだ本は、結構すぐにEvernoteとかPCのメモ帳に自分専用の読書記録を作って、
そこからセンテンスをピックアップしてブログ記事にしています。
これも、ハードルを下げれば「行動している」ってことになるんじゃないかなと思います。

別に特別な事はしなくてもいいと思うんですよね。
自分に合うように、ハードルを下げても全く問題ない。
大切なのは、自分に「やったんだ、行動したんだぞ」って思わせる事。
その積み重ねで成長していけるのかな、なんて最近考えてます。


まとめ

今回はちょっと悩みも含めて、独り言的な感じの記事になってしまいました(^_^;)

でも、悩んだらそのまま内に秘めてても悶々とするだけなので、思い切ってバーッと書いちゃいました。
吐き出したら意外とスッキリするってこともありますし(^^;

最近は休みをとったりして自分の時間を多くとったので、
このブログも記事ストックができ始めてきました(*^_^*)
やっぱり昼間会社に行ってるとブログや情報収集に充てられる時間も必然的に短くはなってしまうので、ストックがあると精神的にも楽ですね!

ここまで内情を話していいのかっていう(^_^;)
うーん、今日は許してくださいっ!(>人<)


本日はこんなに長い独り言にお付き合い頂きましてありがとうございました(笑)。
ここまで読んで下さったあなたには本当に感謝しています!
またのお越しを心より、お待ちしております♪
関連記事

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

碧依

Author:碧依
「あおい」と読みます。
洋楽が好きで、ポケモンGOが好きで、 それらの事とか他の事とかも含めてブログを書いている人。好きな色は赤。好きな動物は猫とリラックマ。
なお、Twitterではこのブログの更新や、碧依のつぶやきをリアルタイムでお届けしています!
Twitter → @an_88star88

最新記事一覧

ペンタトニックス、アヴィ正式脱退後初のMV「Away in a Manger」を公開。 Oct 21, 2017
SUPERFRUIT、「Goodbye From Lonely」のMVを公開。切ない歌の世界をモノクロで表現 Oct 16, 2017
【速報】ペンタトニックス、新たなベースを迎え入れる。 Oct 14, 2017
「さっぽろレインボーマーチ+(プラス)」は、素晴らしいプライド・パレードだった。 Oct 10, 2017
SUPERFRUIT、アルバム『Future Friends』より新MV「Deny U」を公開 Oct 08, 2017

Feedlyに登録↓

follow us in feedly

訪問者数

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR