難しいけど爽快!新感覚・英単語アプリ「HAMARU 2」





どうも、碧依(@an_88star88)です。

面白い英単語学習アプリを見つけたので、今日はそれをご紹介したいと思います。
その名も「HAMARU 2」

1.png

「Everything is practice」=すべては練習の中にある。

元サッカー選手のペレさんの言葉にも同じものがありますね。
日本でも「一に練習、ニに練習。三、四がなくて、五に練習。」という言葉をよく耳にします。
英語に限らずですが、どの分野でもプロになりたいなら最低でも一万時間は練習(取り組む)が必要と言われています。


じゃあさっそく練習だ!単語を勉強しよう!・・・あれ?
あの、、単語学習って、意外と迷いませんか?

「どのレベルから始めればいいのか?」「何から手をつければいいのか?」

英語の学習を始めようとしている人にとっては、結構切実な問題だと思います。
この「HAMARU 2」は、その部分もしっかり考えて作られているアプリなので、その疑問も解消されると思いますよ。

それでは、紹介行きます!




リスニング力・単語力UPが期待できる

この「HAMARU 2」は英単語ゲームです。

2.png

画面に表示された英単語を出題者(CPU)が読み上げ、下半分に表示された4つの選択肢の中から正しい意味を選ぶという、説明だけ見れば簡単なものです。

このゲームの難しい所は、回答を求められるスピードと発音されるタイミングにあります。

まずひとつめの単語が発音され、その意味を答える前に次の単語が発音されるんです(!)。
最初の単語の意味を答えた瞬間に、3つめの単語が発音されるということになります。

そう、自分が意味を答えるころにはもう2個先くらいの単語が発音されているので、何が発音されたのかを注意深く聞き、覚えておく必要があります。

しかも、時間経過とともに英単語が下に落ちていき、完全に落下してしまうとミス扱いとなってしまいます。
ミスしたり時間をかけすぎたりすると、制限時間が5秒削られます。

文章で書くと少し難しいので、Twitterに投稿した動画も付け加えておきます。



初見プレイだと、頭がかなりパニックになります(笑)。


美しすぎるグラフィックやBGMも魅力

この「HAMARU」の魅力はまだあります。
ゴールド感たっぷりのグラフィックです。

プレイボタンや問題のセレクトボタンなどを押すたびに、その都度「シャラリ~ン!」という豪華な音と共に、ガラスが割れるような映像エフェクトが表れます。
このエフェクトがまた、気持ちいいんですよねぇ~。

設定の「グラフィック」ボタンを押すと、
演出の派手さ(キラキラ感)や色(標準or白黒)、画面の明るさなどを選ぶことができるので、好みの画面コンディションでプレイすることが可能です。

3.png

また、各ステージ選択画面で毎回BGMの選択ができます。
BGMといっても端末の音楽を流すのではなく、アプリにプリセットされているものを選ぶ形式。
ヒーリングミュージックっぽい曲が多めなのですが、アプリの雰囲気にぴったり合っているし、勉強に集中できる感じ。
私は基本シャッフルで流していますが、気に入った曲を見つけたら、その曲の番号を押しましょう。

4.png


中学レベル~TOEICまで対応

5.png

中学レベル~TOEIC900まで、幅広いレベル設定が良心的ですね。
結構な英語力がある方以外は、無難に中学レベルから始めることをオススメします。

中学レベルでも、コツ掴むまでは結構苦戦すると思うので(汗)。
ちなみに先ほどのTwitter動画も中学レベルです。


その名の通り、「HAMARU」爽快感

スピードと単語のリスニング力を必要とされるためとても難しいゲームになっています。
コツさえつかめばサクサク正解できるようになり、独特の爽快感を味わうことができるようになるんです。
「シャラリ~ン」というゴージャスな効果音もその快感を手助けしてくれます。

私のプレイした感覚で言うと、初挑戦のステージはまず一発でクリアできないと思います。
必ず二回以上同じステージをプレイして、ゲージを稼ぐ感じになります。
ちょー上手い・ちょー速い人がやったら、一発クリアできるのかな?

ただ、ひとつのステージで出てくる単語たちは、1プレイ中は読み上げられる順番が変わりません。
つまり、一周すればまた同じ順番で単語が読み上げられていくという訳です。

時間制限が60秒で、登場する単語は1ステージにつき25語。
1秒1単語答えるとして、一回のプレイで2周はできる計算になります。
まあ、実際には1秒に1単語以上正解できると思うのでそれ以上かな。

最初の1~2周で、出題者(CPU)が各単語をどんなふうに発音してくるのかを記憶して、後半はもう上半分に出てくる英単語に目を向けない。
発音される音声だけで単語を判断し、選択肢を選んでいくようにすると、次々答えていくことができるようになってきます。


まとめ

個人的に、英語は単語力があればあるほど有利なのかなと思っています。

私はまだまだ単語力はあるといえないレベルですので、まずはこの「HAMARU 2」で単語力の底上げを図りたいと思います。
このアプリはレベル分けが明確でわかりやすいですし。
映像演出も楽しいアプリなので、爽快感も手伝って続けていけそうです。

英語力の最終的な目標としては、英語詞の訳ができるくらいにはなりたいな。
以前ご紹介した「Duolingo」や、動画サイトなどにアップされている英語学習動画なども併用しつつ、少しずつ英語力をレベルアップしていこうと思っています。


本日もお付き合い頂きありがとうございました!
この記事が良いと思ったら、SNS等でのシェアを宜しくお願い致します。
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております(*^_^*)
関連記事

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

碧依

Author:碧依
「あおい」と読みます。
洋楽が好きで、ポケモンGOが好きで、 それらの事とか他の事とかも含めてブログを書いている人。好きな色は赤。好きな動物は猫とリラックマ。
なお、Twitterではこのブログの更新や、碧依のつぶやきをリアルタイムでお届けしています!
Twitter → @an_88star88

最新記事一覧

ペンタトニックス、アヴィ正式脱退後初のMV「Away in a Manger」を公開。 Oct 21, 2017
SUPERFRUIT、「Goodbye From Lonely」のMVを公開。切ない歌の世界をモノクロで表現 Oct 16, 2017
【速報】ペンタトニックス、新たなベースを迎え入れる。 Oct 14, 2017
「さっぽろレインボーマーチ+(プラス)」は、素晴らしいプライド・パレードだった。 Oct 10, 2017
SUPERFRUIT、アルバム『Future Friends』より新MV「Deny U」を公開 Oct 08, 2017

Feedlyに登録↓

follow us in feedly

訪問者数

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR