読書を習慣化したい⇒せざるを得ない状況に?





疲れ目

画像はイメージです。



どうも、碧依です。

ちょっとネガティブな話になってしまいますが、
日常的にPC・スマホを見ている時間が長すぎるのか、目の疲れ・痛みに悩まされ始めました。
目薬を差したり、蒸しタオルで目を温めたりしていますが、
起きている時間の8割くらいをPC・スマホに充ててしまっているのでかなりのダメージが蓄積しているみたいです。

普段私はFeedlyとかグノシー、ツイッターで情報収集を行なっていますが、
そういったものの閲覧時間を少し短めにせざるを得ない状況になりそうです。

そうなると、その情報収集の時間に何も得ることができないし、
時間を無駄にしてしまいます。
そこで私が手を出し始めたのが「読書」です。


とにかくブルーライトにさらされない情報収集を

目への負担を顕著に感じ始めてから、私は本を眺める時間が前よりも長くなった気がします。
とにかく、目をブルーライトに当てたくないのです。
普段の生活ならまだしも、私は事務職なのでPCが商売道具とも言えます。
職場で8時間PCを眺めっぱなしの上に、家に帰ってから2~3時間もPCやスマホに費やしていては、将来目がつぶれてしまうかもしれません(涙)。

そういった事情から、今後はPC・スマホに頼りすぎない情報収集も取り入れていきたいと思うようになりました。
プライベートの時間にブルーライトを見る時間を、少しずつ減らしていこうと思います。


ここまでくるともうリハビリに近い・・・

もうね、こんなん目のリハビリに近いですよ(悲)。
あなたもこんなことにならないよう、PC・スマホはほどほどに。

紙の読書であれば、ブルーライトにさらされることなく、高品質な情報を得ることができるでしょう。
ただ、文字を読むのに、必要以上に目をこらして悪くしたのでは本末転倒。
無理のない程度に、休憩をきちんとはさみつつ取り組んでいこうと思います。
眼鏡越しの本

マジでこんな感じになりそうです。裸眼はもうほとんど見えない。



金銭的事情から、図書館を有効利用することに

おサイフさんと相談したところ「一ヶ月にあまり多くの費用は捻出できない」と言われたので(笑)、図書館を有効に活用していこうと思います。
街の中心部の駅に図書カウンターがあるので、普段本を予約しておいて、
仕事帰りにそこから借りていく。んで、読み終わったらそのカウンターに返す。
っていうのを主に活用していこうと思っています。
さっそく、こちらの本を予約しました。
武器としての書く技術 イケダハヤト

買うことができたら一番よかったんですが・・・(^_^;)


まとめ

本日は「目への負担が、図らずも読書の習慣化に役立ちそう」というお話でした。
今これを書いている間も目がシパシパします(ヒェー
以前、物事を習慣化するときは目標設定をしようとか、やる理由を考えてとかいろいろ言いましたが、今回に関してはまるでその事由に当てはまっておりません(^_^;)

関連記事⇒「すぐに投げ出す人の考え方。続けたければその逆を行け!」

もちろん読書も大切なものだとわかってますので、習慣化したいと思っていたのですが実はなかなか習慣化できていませんでした。
それを習慣にする決定打が「目の不調」とは何とも皮肉でしたけど・・・。

あ、もちろん、このブログとかツイッターでの発信は怠らずやっていく所存です。
洋楽も聴きまくりますし、ポケモンGOも追い続けますよ!(だから目を休ませろって笑)
ここまでこの記事を読んで下さったあなたは、とにかく目をいたわってあげてくださいね。
酷使しすぎるとホント、目って痛くなるんですから・・・(><)


本日もお付き合い頂きありがとうございました。
洋楽・ポケモンGOをはじめとした様々な情報を日々書き綴っております!
一つでもお気に召す項目がありましたら、また是非読みにいらしてくださいね。
また、ツイッター(@an_88star88)ではこのブログの更新をリアルタイムでお伝えしています!
そちらのフォローもして頂けるとものすごくうれしいです!!
それでは、またのお越しをお待ちしております。
関連記事

↓シェアなどはこちらから↓


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。