変わることは「悪」ではない。むしろ人間は変わっていくべき!





変化
どうも、碧依です。

4月が始まって一週間が経過しました。
新年度から環境が変化した方も多いと思います。

その環境の変化、あなたはどう捉えていますか?
ワクワクしていますか?それとも、不安ですか?

もし、少しでも「変わらないほうがよかった」とか、
「昔の方がよかった」と思っているなら、少しだけ私のお話に付き合って頂けませんか。
私も「今よりもあの頃のほうが良かった」とずっと思い続けてきた口です。
しかし、最近になって「環境の変化は必ず訪れる。それを受け入れる心を作ることが大切だ」ということに気付いたのです。


自然に変わる部分と、意識的に変えていく部分

一言に「変わる」と言っても、私は二種類あると思っています。

①自然に変わっていく部分
これは簡単に言うと「他人から見てもわかる変化」です。
主に、外見・好きな食べ物・人間関係・周りの環境など。

②意識的に変えていく部分
一方、こちらは「自分自身にしかわからない変化」です。
物事に対する考え方、自己実現のための習慣の変化などがそれに当たります。

この二種類は、同じ「変化」であっても意味が大きく異なります。

①は自分の意志でコントロールできない事がある変化です。
たとえば入学・卒業などによる環境の変化は、自分の意志ではなく一定の年数が経てば自動的に訪れます。

対して②は、自分の意志でコントロールしなければ変えていけないものです。
たとえば「起業したい!」という目標を立てたとします。
その目標を実現するために関連書籍で勉強をしたり、資金を集めるためにアルバイトをしたりします。
これは自己実現のために、自分の意志で習慣を変化させた例です。

今日の記事で「変わっていくべき」と言いたいのは、②の意識的に変えていく部分です。


昔は「変わらない事こそが正義」だと思っていた

意識的に変わっていくべきだ!と言った瞬間に反旗を翻すようなことを言いますが、
昔の私はまったく逆の考え方をしていました。

5年前、地元に帰っていた時に学生時代の友人と食事をする機会がありました。
別れた後、
「○○(←友人)は、しばらく会わないうちに変わっちゃったな・・・」と思いました。
私は地元から離れて暮らしていますが、その友人は今も地元にいます。
物理的な距離も離れ、当然ですがそれに伴って日常的に言葉を交わすことが無くなっていました。
それなのに、5年前の私は彼女が「昔と変わらないこと」を望み、心の中でそれを彼女に期待していました。

その友人だけでなく、人には皆それぞれの事情があります。
いくら気心の知れた友人であろうと、彼女はすでに私の知らない日常を生きているのです。
今はそれを理解できますが、5年前の私は過去に執着しすぎていて、友人の変化を理解できませんでした。

「中学生の頃はよかった」「小学生の頃に戻りたい」

元々そんなことを考えながら生きていた私には、
その友人の変化は自分と過ごした日々を忘れられたようで悲しかった記憶があります。
「昔を忘れちゃったの?」「何で人は変わってしまうのだろう?」
そう思いながら苦しい日々を送っていました。

今こうやって書くと、すごい重い人間ですよね(笑)。
そりゃ嫌われるわ(笑)。


人間は変わっていかなければ魅力的になれない

time-for-a-change.jpg
そこまで過去に執着していた私が、こうして180°真逆の考えになったのはごくごく最近の事。

何が取っ掛かりになるかは人それぞれですが、
人の内面が大きく変わるには何かしらのきっかけがあります。
きっかけを経験したことによって、まずは物事に対する考え方が変わる。
考え方が変われば行動が変わる。
それを何度も繰り返して、今の自分が出来上がっているのです。

私の場合、経済的な理由から「仕事」や「ビジネス」というものに対して興味を持ちました。
8時間きっちり働いて給料をもらっていても、光熱費が支払えなかったり十分に食べ物も買えないような状況を経験しました。
この状況を打破するにはどうすればよいのか・・・。
たくさん考えたし、たくさんの本やブログを読みました。
それでもまだまだ足りないかもしれない。
でもそれらの情報を見る機会を増やしたことで、
収入が問題なのではなくて、実は生活の仕方自体にムダな部分があったかもしれないとか、
今まで自分が考えもしなかった視点もあるのだということを学べました。
視野が広がりました。

興味を持った分野について読書などの情報収集を積み重ねていけば、いつか見えている世界が以前と違うことに気付く瞬間が来ます。
私はたまたまお金やビジネス・仕事に興味を持ったので、それに関する書籍を読んだり、先輩ブロガーさんたちの記事を読んだりして情報収集をしています。
「作業効率化」や「目の前の作業に集中する力の必要性」などを学び、
最近では、少しずつですがそれが仕事に活かされ始めていると感じる瞬間が増えてきました。

意識的に自分を変えるのは難しいし、長い時間を要する大変な作業です。

本気で自分を変えたいと思うなら、変わりたい方向性をしっかりと自分自身で認識して、
その方向性に沿った情報収集を重点的に行うことが重要ですね。

内面が変わっていけば、いつの日か他人から見てもわかるくらい明らかな変貌を遂げられることでしょう。
私はもっと頑張ります。


人間は変わるもの!内面も外見も好みも全部変わる!

私がペンタトニックスの音楽をこんなに好きになったのだって、
元々は友達が「これ聴いてみて!」と教えてくれたことがきっかけでした。
そこから私の音楽人生は大きく変わりました。
たった2~3年で、私が聴く音楽は洋楽中心に完全シフトしました。

もしもあなたが、過去の私のように周りの環境や友人たちの変化に戸惑っているなら、
「人間は変わるもの!内面も外見も好みも全部変わるものなんだ!」ということを受け入れることから始めてください。
それだって考え方を変えることになるのですから、すぐにスパッと心は切り替えられないと思います。
だけど、毎日毎日繰り返し「人間は変わるもの!内面も外見も好みも全部変わるものなんだ!」と心の中で唱え続けてください。
そうすれば、いつかその呟きが自分のモノになる瞬間が訪れます。
今までとは違う考え方が自分のモノになっていると気づいた瞬間に、あなたの心はひとつ階段を上ります。
見える景色が変わるんです。

人生何がきっかけで変わるかなんて、本当に誰にもわかりません。
どんなに小さくてもいい。
こんな拙い記事ですが、あなたの心の中で「何か」を変えるきっかけになってくれれば最高です。


本日もお付き合い頂きありがとうございました。
普段は洋楽紹介を主体に、ポケモンGOなど気になるモノの記事を書いています。
是非他の記事もご一読頂き、もし気に入って頂けたらまた遊びに来て下さい。
ほぼ毎日更新していますよ♪
あ、あと、ツイッターではこのブログの更新情報をリアルタイムでお届け中です!
そちらのフォローもよろしくお願いします→@an_88star88
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております!
関連記事

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

碧依

Author:碧依
「あおい」と読みます。
洋楽が好きで、ポケモンGOが好きで、 それらの事とか他の事とかも含めてブログを書いている人。好きな色は赤。好きな動物は猫とリラックマ。
なお、Twitterではこのブログの更新や、碧依のつぶやきをリアルタイムでお届けしています!
Twitter → @an_88star88

最新記事一覧

ペンタトニックス、アヴィ正式脱退後初のMV「Away in a Manger」を公開。 Oct 21, 2017
SUPERFRUIT、「Goodbye From Lonely」のMVを公開。切ない歌の世界をモノクロで表現 Oct 16, 2017
【速報】ペンタトニックス、新たなベースを迎え入れる。 Oct 14, 2017
「さっぽろレインボーマーチ+(プラス)」は、素晴らしいプライド・パレードだった。 Oct 10, 2017
SUPERFRUIT、アルバム『Future Friends』より新MV「Deny U」を公開 Oct 08, 2017

Feedlyに登録↓

follow us in feedly

訪問者数

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR