ペンタトニックス「Can’t Help Falling in Love」のビデオを公開





どうも、碧依です。

4月24日の午後11時ごろ、ペンタトニックスが新たなミュージックビデオを公式YouTubeにて公開しました!それがこちら!

曲は「Can't Help Falling in Love」。

エルヴィス・プレスリーが歌った永遠に愛されるラブソング。
日本では「好きにならずにいられない」という邦題で知られています。

ペンタトニックスは4月7日に海外でリリースしたEP(ミニアルバム)「PTX Vol.4」にて、
この曲をカバーしました。

曲自体については、少しですが過去記事で触れておりますのでそちらをご参照ください。

関連記事⇒ペンタトニックス版ホワイト・アルバム!?「PTX Vol.4」ついにそのベールを脱ぐ。

本日はその新ビデオについての総評を書くほか、
ちょっと新しい試みで過去に彼らが公開したあるMVとのビデオ比較もやってみます!

それでは、どうぞ!


【総評】とにかくノスタルジックで美しい

照明がイエローとピンクっぽくて、曲自体が持つ暖かい空気感をよく引き出しています。
それプラス、どこか懐かしいような雰囲気も感じさせる、とにかく美しいビデオです。
色味は、LINEカメラのエフェクトにある「ウォーム」とか「サンセット」とかに近いですね(笑)。

5人がイスに座り、円形に並んで歌うショットと個別ショットを織り交ぜたシンプルな構成。
曲を聴かせることに専念した上で、キラキラとした視覚的イメージを付け加える感じのビデオになってます。
曲のアレンジは、彼らが得意な合唱タイプ。
ヒューマンビートボックスは一切入らず、ケヴィンも全編コーラスでの参加です。

紅一点のカースティ、髪型がオシャレですね!
この髪型でグラミーの授賞式とかに出ちゃってもOKなくらい。
個人的には動画の2分23秒~2分27秒くらいの、
ミッチ・スコットと一緒に映る場面のカースティがすごく綺麗でめちゃめちゃ好きです。

この3人は10歳くらいの時からずっと一緒の幼馴染。
ファンの間では「トリオ」と呼ばれています。

リードボーカルを取るミッチの綺麗さとケヴィンのワイルドさが対比になっていて、
ゆっったりとしたバラードで且つシンプルなビデオ構成にもかかわらず、
観ている側を飽きさせない作品に仕上がっています。


ポイントは照明にあり!

私は撮影とかに関する専門的な事はまったくわからないのですが、
ペンタトニックスのビデオ撮影クルーは照明の使い方が本当に上手だなと思います。

彼らが演っているアカペラは声だけの音楽で、特に今回のようにコーラスタイプの曲だとビデオにするには動きがかなり少なくなります。
それこそ椅子に座って歌うっていう本当に単純な撮り方なので、普通に撮ってしまうと観る側は飽きてしまう可能性がありますよね。
そこを照明の使い方で上手くカバーしている。

よく見るとこの「Can't Help Falling in Love」のビデオでは、メンバーを照らす照明に時々影が入ります。
あとは、キラキラとした星のような光を舞わせたり。
撮影の専門知識がないのでこういう技術を何と言うのかわかりませんが、構成や画がシンプルな分こういうところで工夫をしているんだなと感じます。


これも過去ビデオのオマージュ?MV比較大会!

以前「Bohemian Rhapsody」のビデオレビューをした時に、
ソファを使用したことについて「過去のビデオへのオマージュである」とメンバーのスコットが発言したと書きました。

関連記事⇒一度で理解するのは無理?!ペンタトニックス「ボヘミアン・ラプソディ」ビデオ公開!

過去に彼らがオリジナル作品としてアルバムに収録をした「Run To You」という曲があるのですが、
今回の「Can't Help Falling in Love」も、その「Run To You」へのオマージュなのかと感じさせるビデオです。

「Run To You」公式ミュージックビデオ

今回は本人たちからの見解ではなくあくまでも私個人の観方なのですが、
この2つのビデオは実によく似ています。
あまりに似てるので、ちょっとだけビデオ比較をやってみようと思います。

曲名をいちいち書くと長いので、

「Run To You」=「R」

「Can't Help Falling in Love」=「C」


という略文字を使いたいと思います。

①照明
 R=全体的に暗め(後ろから若干角度をつけて当てている)
 C=全体的に明るめ(正面から当てている)

②降ってるもの
 R=桜の花びら的なやつ
 C=星っぽいキラキラした光

③メンバーショット
 R=ソロショット:時々ぶれてるような感じで小刻みに動く(手で撮ってる?)
   全員ショット:椅子を横に5個並べ、固定で撮っている
         (5人が揃うショットはラストだけ)

 C=ソロショット:ズームイン・アウトを使っている(三脚?等で固定してる感じ)
   全員ショット:(始まり)5人が円形に座り、カメラがゆっくりとその周りを回る

最後のショットは、メンバーの並び位置こそ違うもののどちらも椅子に座って並んでいる画。
交互に観ると「おおっ・・・(T-T)」となります(笑)
あの・・・専門知識がない分、全体的に語彙力が大変な事になってますね。
ごめんなさい(>人<)


ちなみに動画の公開日を見ると「Run To You」は2014年1月30日なので、丸3年前ですか。
人って3年でこんなに変わるのかというくらいの変貌ぶりですね。特にミッチね。
日本人だとよく「垢抜けた」っていう表現をしますけど、まさにそんな感じです。


早くも次なる行動に・・・?

ペンタトニックスの海外公式ツイッターでは、
早くも「もう一つの事に取り掛からなきゃ(直訳(^_^;)」みたいなツイートがされています。


英語脳ではないので直訳失礼しました(笑)。
(英語も勉強したいので、訳や捉え方が間違ってたら指摘してください。)
ただニュアンス的に、私は「すぐにもう一個ビデオが出るよ~」ということだと認識しています!
てっきり私は「Take On Me」のビデオが来るものと思っていたところ、先に
「Can't Help Falling in Love」が来ましたから。

ツイッターでも言いましたけど、「PTX Vol.4」というアルバムは7曲収録されています。
そしてそのうちの4曲「Jolene feat. Dolly Parton」「Imagine」「Bohemian Rhapsody」「Can't Help Falling In Love」はビデオが制作されました。

いっそのこと、アルバム全部ビデオ作っちゃえば?!o(゜▽゜)o

実際全曲にビデオがあるアルバムって世界に存在するんですかね?
・・・面白そうだから今度調べます!(^_^)ゝ

とにもかくにも、今後のペンタトニックスからは、ますます目が離せませんね!!


まとめ

本日の「Can't Help Falling In Love」ミュージックビデオについての記事はいかがでしたか?
いよいよ単独来日ツアーを来月に控えた彼ら。
「Can't Help Falling In Love」収録アルバム「PTX Vol.4」の日本盤も、いよいよ発売までちょうど一ヶ月を切りました!!
詳細を見たり、予約したりできるようにリンク貼っておきますね(>▽<)
PTX VOL.IV -クラシックス<初回仕様>


ちなみにちなみに、「一ヶ月も待てんわ!今すぐ欲しいんじゃい!」という意識高い系の方は、
下のリンクから輸入盤を購入できます↓
PTX Vol. IV - Classics(輸入盤)


本日もお付き合い頂きありがとうございました!
ペンタトニックスについてや洋楽紹介、その他気になるモノについて日々書いています!(ポケモンGOとか!)
もしこの記事を気に入って頂けたら、ツイッターやフェイスブックなどのSNSでシェアをお願いします!!
そして、私・碧依(あおい)はツイッターをやっています。
日常のつぶやき以外にも、このブログが更新されたらリアルタイムでお知らせしていますので、ぜひフォローをお願い致します。
碧依のツイッター⇒@an_88star88
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております!
関連記事

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly

コメント

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

碧依

Author:碧依
「あおい」と読みます。
洋楽が好きで、ポケモンGOが好きで、 それらの事とか他の事とかも含めてブログを書いている人。好きな色は赤。好きな動物は猫とリラックマ。
なお、Twitterではこのブログの更新や、碧依のつぶやきをリアルタイムでお届けしています!
Twitter → @an_88star88

最新記事一覧

ペンタトニックス、アヴィ正式脱退後初のMV「Away in a Manger」を公開。 Oct 21, 2017
SUPERFRUIT、「Goodbye From Lonely」のMVを公開。切ない歌の世界をモノクロで表現 Oct 16, 2017
【速報】ペンタトニックス、新たなベースを迎え入れる。 Oct 14, 2017
「さっぽろレインボーマーチ+(プラス)」は、素晴らしいプライド・パレードだった。 Oct 10, 2017
SUPERFRUIT、アルバム『Future Friends』より新MV「Deny U」を公開 Oct 08, 2017

Feedlyに登録↓

follow us in feedly

訪問者数

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR