中毒性高すぎ注意!トム・ローゼンタールのクスッときちゃうMV3選





noodles-1246320_640.jpg
どうも、碧依です。

トム・ローゼンタールって誰??

と思ったでしょう?
私も知りませんでした、昨日まで。

YouTubeの音楽トレンド再生リストに載っていて、そこで初めて聴きました。
そのミュージックビデオが、あまりにも私のツボだったので紹介したいと思います。


トム・ローゼンタールとは

イギリス・ロンドンのシンガーソングライター。
年齢は30歳。
彼の曲は3分弱程と短く、ピアノが多く使用されています。

これ以上の詳しい情報はあまり得ることができませんでしたが、
彼のミュージックビデオを見れば、そんなことはどうでもよくなると思います。


パスタに救いを求める男

「P.A.S.T.A」

最新アルバム「Fenn」からの一曲。
悲しげで美しいメロディ。
それなのに、歌の内容は「パスタは私を救う」。
失恋の痛みをパスタに癒してもらっているんでしょうかね・・・(個人的な想像です)。
ラヴィオリとかカルボナーラとか、それらしい単語もでてきます。

それはいいとして、注目はミュージックビデオですよ。
ジャケットの黄色いライン、良く見るとパスタだったりします。
歌に合わせてローゼンタールさんが踊っているのですが、動きが・・・ね(^_^;)
かわいすぎでしょーよ(笑)。
0:49~0:54のピアノの間奏のところの動きがすごく好きです。
若干ぎこちない感じで(笑)。

あのね、曲調と歌詞とやってることが何一つ合ってないんですよw
そこがまたクセになるんですけどね。


スイカ、スイカ、スイカ、スイカ!!

「Watermelon」

歌いだしから「スイカ、スイカ」って連呼しまくりです。
そしてビデオでもスイカの着ぐるみ(とも言えないような・・・)を着用。
ちゃんと上半身がスイカの果肉の色ですよ、種もついてますし(笑)。
そのトム・スイカ・ローゼンタールさんが走ったり跳ねたり、時にはめちゃくちゃな動きをしたりします。
空中をチョップしながらくるくる回ります(笑)。
「P.A.S.T.A」とは打って変わって明るめの曲調になりましたね。

イントロはすごいかわいい始まり方なのに、終わり方はものすごく唐突です。

「P.A.S.T.A」でもそうでしたが、
ビデオはコマ撮りが多用されていて、地味に撮影に時間がかかっていそうな感じです。

2:08あたりからスイカが空を飛びますが、もうシュールすぎて言葉も出ませんw


疲れてるんだね・・・

「Everyone is Everyone Else」

ひたすら電車で居眠りするおじさんを観る動画ですww
ちなみに今回紹介したビデオの中では、唯一ローゼンタールさんが登場しません。

3人のおじさんが電車に乗っています。
そのうち2人は仕事の疲労がたまっているのか眠ってしまっています。
唯一起きてる右のおじさんがいい味出してるんですよねww

途中で駅に停車するのですが、なんと日本です!
「小伝馬町」という駅に止まります。

YouTubeの概要欄にもしっかりと「filmed in Tokyo(東京で撮影した)」の文字が。
ローゼンタールさん、あなたも日本ダイスキですか?

日本ダイスキな海外アーティスト紹介はこちらから⇒日本ダイスキ!?日本がフューチャーされた洋楽3選

ちなみに私は電車で爆睡している人を見ると、
「この人はちゃんと目的の駅で降りられるんだろうか・・・」
と結構心配してしまいます。

海外は電車で居眠りなんかしようものなら、少なくとも財布は無事では済まないとか聞きますからね。
爆睡してても何も盗まれない日本は、外国の方から見るとかなり平和なのでしょう。
日本のそういう部分を強調したビデオって感じですかね。


まとめ

今日はイギリスの歌手、トム・ローゼンタールさんの
クスッと来てしまうMV3選をお送りしました。

私のお気に入りはやはり最初に紹介した「P.A.S.T.A」ですね。
初めて見たビデオであるというのもそうなんですけど、それ以上に曲が好きです。
Aメロ(?)が裏声なのがなんだかかわいらしくって。
トム・ローゼンタールさんは、これからもいろいろ面白いことをやってくれそうなので、
YouTubeチャンネル登録してしばらく見ていこうと思います。

こういう風に、自分が知らなかった新しい音楽を見つけた時はやっぱり嬉しいですね。


本日もお付き合い頂きありがとうございました!
洋楽紹介を中心にいろいろなジャンルの記事を書いております。
もしこの記事がお気に召しましたら、SNS等でシェアして頂けると嬉しいです!
私・碧依はツイッターをやっています→@an_88star88
このブログの更新情報をリアルタイムで流していますので、よければフォローお願い致します。
そして何度でもこのブログに遊びに来てくださいね(^^)
それでは、あなたにまたお会いできる日を楽しみにお待ちしております!
関連記事

↓シェアなどはこちらから↓


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメント

非公開コメント