【朗報】「はねろ!コイキング」、おもろい。





コイキング_2017-05-27-18-08-15
どうも、碧依(@an_88star88)です。

いや~、正直ナメてました!
申し訳ございません!!


突如の謝罪から始まりました本日。
私、コイキングさんのこと甘く見てました。


これ、おもしろいの?始める前は疑問だった

2017年5月23日にリリースされた、ポケモンの新たなるアプリ「はねろ!コイキング」。
すでに配信開始から一週間が経過していますが、私、やり始めたの一昨日です。

絵の感じがふんわりしててかわいらしくて(悪く言うと「ちゃっちい」)、
ポケGOみたいにリアル感があるものじゃないなあという感想を持っていました。
どうも「うーん・・・これはおもしろいのだろうか」と二の足を踏んでしまい、
配信直後すぐにプレイ!っていうのは見送りました。

リリースされた直後に、YouTuberさんでこのゲームの実況プレイをされてた方が何人かいらっしゃったんですね。
それらを見させていただいて、どうやら今回は育成ゲームらしい。ということがわかりました。

百聞は一見に如かず。
ということで、やっと「インストールしてみよう!」という気になりポチッ。


コイキング育成ゲー!釣って、育てて、勝ちまくれ!

ゲームの大まかな流れは実に簡単。

1.釣る
2.エサを食べさせたり「とっくん」をしたりして、はねる力(CP)を育てる
3.はねる高さを競うリーグで勝ち上がるのが目的!

まずカープ博士(「神ってる」かどうかは不明)から、ボロのつりざおをもらってコイキングを釣ります。
人にあげるものがボロいってどいういうことなの・・・。
釣ったコイキングは「いけす」に入れて育てます。

「いけす」の中にはエサが出現するので、そのエサをスワイプでなぞって食べさせてあげるんです。
エサを食べれば食べるほど、はねる力(以下、CP)が育っていきます。

また「とっくん」をすることでもCPを上げることができます。
コイキング_2017-05-27-18-46-09

「サンドバッグ」や「はねるカウンタ」など、いろいろな種類の「とっくん」が用意されています!
実際に行う「とっくん」はランダムで選ばれます。

CPが十分に育ったら、リーグに挑戦!
相手のコイキングよりも高くジャンプできれば勝ち!
CPの数字が大きいほうが高く飛べるので、高CPであればあるほど有利です。

ちなみに育てるコイキングには毎回ニックネームをつけることができます。
今のところ私が実践してわかっている範囲では、
ひらがな・カタカナ・漢字は使うことができます。


「世代交代」まで存在する!めっちゃリアルじゃん!

レベルが最大になったコイキングはリーグ戦から引退します。
(社会の縮図を表現してるみたいで、めっちゃリアル感あるよね・・・。)

なんか学生時代の部活みたいですが、
引退するコイキングと新入部員のコイキングの言葉なき会話まで映し出されて、なんかちょっと切ない。
コイキング_2017-05-27-18-38-40



単純だけど、単純なのに、なんかおもしろいぞ?

「釣る⇒育てる⇒リーグに挑戦」を繰り返すだけの単純なお仕事(ゲーム)ですね。
ここがね、単調だな~って思ってたんですよ、実際にプレイするまでは。
単純な中にも、いろいろ遊び心があるんですよ。

たとえば、コイキング以外にもピカチュウやポッチャマが出てきて、育成のお手伝いをしてくれたり。
koiking-screenshot-1495808851324.png

↑の画像ではピカチュウ寝てるけど、ちゃんと手伝ってくれます!!(笑)




サニーゴやラブカスがエサをたくさん運んで来てくれたり。
コイキング_2017-05-27-18-33-45

すごいグチャッと感(^_^;)




とっくんの帰りに出会ったビリリダマのだいばくはつで、コイキングが引退に追い込まれたり・・・。
コイキング_2017-05-27-18-42-02

そんなことってありなのか・・・。




最後のビリリダマのはほんとショックでしたけど(笑)、
こうしてただ育てればいいんじゃなくて、その育てるのも一筋縄ではいかないというか。
表面の情報だけじゃわからない部分がとても面白いゲームだと思います。
食わず嫌いはダメってことですね。


まとめ

今日は新しく出た「はねろ!コイキング」の大まかな流れや感想でした。
もっと隠し要素がある気がするので、これからもやり込むつもりです。
コイキングって一番弱くて情けないポケモンっていう立ち位置ですけど、
進化したら超凶暴なギャラドスになったり、金色のやつがいたり、結構おもしろい存在ですよね。
それを主役にしたゲームを考えてくるとは・・・なかなかやりますな。

これからやり進めていけば他にも面白い事がたくさんわかってくると思うので、
そのときはまたそれをネタにしたいと思います。

変な中毒性があるこのゲーム。
iPhon/Androidともにリリースされていますので、一度やってみては?


本日もお付き合い頂きありがとうございました!
普段は洋楽紹介を中心に書いていますが、ゲームも結構話題にすることがあります。
この記事が良いと思ったら、SNS等でシェアをお願いします。
それでは、またのお越しをお待ちしております♪
関連記事

↓シェアなどはこちらから↓


このエントリーをはてなブックマークに追加
follow us in feedly

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コメント

非公開コメント