ペンタトニックス・ケヴィン、「魅力の三角形」





hbd kevin
どうも、碧依(@an_88star88)です。

本日10月5日は、ペンタトニックスのメンバー・ケヴィンのバースデー!!
おめでとう、ケヴィン!

今日は、29歳の誕生日を迎えた彼の魅力が丸わかりな「ケヴィン特集」をやっちゃいます!


ケヴィン、魅力の三角形

ケヴィン・オルソラ(Kevin Olusola)。

ペンタトニックスのビートボックス(ドラムス)を担う人物。
グループではソングライティングやアレンジを担当することもあります。

そんな彼の魅力は、まるで三角形のようだと私は思っています。

ケヴィンの魅力
今日は、この三角形が網羅できる6曲を紹介していきます!


Can't Hold Us


HIP HOPの速いビートを、自分の息や唇だけで表現しているのはまさに職人芸。
そもそもアカペラでヒップホップというのはかなりハードルが高いですが、ペンタトニックスがこのカバーを成功させたのは、ケヴィンのビートが支えているからといっても過言ではないでしょう。


Somebody That I Used To Know



ゴティエのヒット曲をカバーした、グループ初期のMV。
YouTubeの公式チャンネル上では、このビデオがグループとしてミュージックビデオに近い形で撮影した初めての作品。
ボーカルトリオはまだ幼さすら残しているようにも見えます。

この曲をなぜケヴィン特集に入れたのか。
それは、ほかのペンタトニックスの曲ではあまり聴かれない、珍しい音をケヴィンが出しているからです。

1:51からのカースティンがリードを取る部分で、ケヴィンが指でほっぺたを叩いている場面があります。
その指の動きに合わせて水の上で弾ける泡のような音がするのがおわかりいただけるでしょうか。

その他にも、強いバスドラムや複雑なリズムが奏でられるケヴィンの口元から目が離せないMVであることも、このMVが今回の特集に仲間入りした理由です。


Prelude from Bach Cello Suite No.1


こちらはケヴィンのソロチャンネルから。
演奏しているのは、バッハの「無伴奏チェロ組曲第1番ト長調」から「前奏曲」。
ゆったりとしたチェロの旋律で始まります。

超有名な曲ですが、ケヴィンのカラーが出るのは0:45から。
クラシックの名曲を、自らのビートボックスに乗せて弾いてしまうという、ケヴィンにしかできない芸当!
バッハが聴いたら目が飛び出るほどびっくりするかもしれませんね(笑)。

ちなみにこの曲は、ペンタトニックスのツアーでもケヴィンのソロコーナーで演奏されていました。


Down (Marian Hill KOver)


こちらもケヴィンのソロチャンネルから。
「Down」についての詳しい解説は別記事で書いているのでそちらもぜひ合わせて読んで頂きたい。

関連記事⇒ペンタトニックス・ケヴィンの「Down」、早くも映像化

この曲で注目すべきなのは、やはりケヴィンのボーカル。
グループでもリードボーカルを取らないことはないですが、ビートボックスを担当している以上、なかなか一曲通して、ということはできません。
反面、ソロチャンネルでは思う存分歌ってくれています。

2:18からのファルセット(裏声)が美しいです。
ビートボックスの時に出る低い声からは想像もできないくらいの高音で、出せる高さの観点で見れば、同じくペンタトニックスのメンバーであるミッチをも超えるようです。


We Are Ninjas


2014年の夏に公開されたMV。
この年映画が公開された「忍者タートルズ」にインスパイアされたとのこと。
MTVの企画もののようですね。

この曲でケヴィンに注目したいのは、なんといっても0:45からのラップです。
ケヴィンのラップは声にパンチが効いていて、聴いててすごくスカッとします。
歌うとあんなに綺麗な高音をしてるのに、ラップになるとバシッと決めてくれる。

クラシックのルーツも持っていながら、ビートボックスやラップといったヒップホップの要素も持ち合わせている。
そんな彼がいたからこそ、ペンタトニックスは多岐に渡るジャンルを表現できているんだと思います。


Daft Punk


もはや名刺代わりになった「ダフト・パンク・メドレー」。
動画再生回数は、この記事を書いている段階で2億5700万回を突破しました。

これまで何度か各メンバーの特集を組んできましたが、この曲はそのいずれからも外していました。
もう語りつくされた感があるし、「ペンタトニックスといえば」な曲になってしまっているということと、誰か一人に注目するということがとても難しい曲でもあるからです。
でも今回あえて、ケヴィン特集に持ってきちゃいました。

8曲近いDaft Punkナンバーを見事に組み込んだこの曲。
1:57~2:10の部分では、ケヴィンとアヴィの2人がそれぞれに息を使った風の音のようなエフェクトを出しています。
ケヴィンが左チャンネルで、一拍ずつシンバルを叩いているような音。
アヴィは右チャンネル寄り(実際には左右をゆっくり行き来している感じ)で、ベース音を歌いながら唇と歯を使って2小節ずつ風のような音を出していました。

2:41~2:48のスクラッチや、2:55~3:09に繰り広げられる高速ビートボックスなど、ケヴィンが活躍する場面が数多くあります。
それを意識させないくらい、次から次へと色々な事が起こる曲なので、言葉に起こすのがまあ大変だこと(笑)。

今回はケヴィンに注目をしましたが、本当にいろいろな聴き方ができる曲です。


まとめ

ケヴィンの29歳バースデーを祝う今回の特集、いかがでしたか?

29歳って・・・見えねえ(若いってこと)。
来年30でしょ?
いやあ、この人のビートボックスは、まだまだ私たちを楽しませてくれるだろうという気しかしないですね。

ちなみにケヴィンはペンタトニックスのなかで最年長(やっぱそうは見えねえ)。
現段階で最年少のミッチとは4歳差です。
個人的にこの最年長&最年少コンビのツーショットを見るのが大好物だったりします(笑)。


この2人が4歳差って信じられる?


いくつになっても、その超絶なビートボックスと表情豊かなチェロ、そしてあの甘~い高音のボーカルで歌い続けてほしいですね。


本日はお付き合い頂きありがとうございました!
この記事が良かったら、ぜひSNSなどでシェアしてくださいね!
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
関連記事

ペンタトニックス・ケヴィン、ハリー・スタイルズ「Sign of the Times」をカバー





どうも、碧依(@an_88star88)です。

SUPERFRUITの「Hurry Up!」のミュージックビデオ公開と同日、9月22日。
同じくペンタトニックスのメンバーであるケヴィンが、自身のYouTubeチャンネルで新たなカバー曲の映像を公開しました。

今回彼がカバーしたのは、One Direction(ワン・ダイレクション)のメンバーであるハリー・スタイルズのソロ曲「Sign of the Times」

原曲は静かなピアノから始まり、サビで壮大に広がっていくバラード。
その壮大なサビを表すかのような大自然の中、ハリーが空を飛ぶ衝撃的なMVも話題になりましたね。

ゆったりとした印象を持つこの曲を、ケヴィンはそのチェロ・ボクシング(チェロを弾きながらビートボックスをすること)でどのようにカバーしたのでしょうか。




必聴ポイントは、ケヴィンのボーカル!

以前紹介したMarian Hillの「Down」のカバーと同じ手法で、スタジオでループマシンを使用した演奏となりました。

「Down」は個人的に、ボーカルよりもビートボックスが派手で目立つアレンジだった印象がありました。
今回の「Sign of the Times」では、ケヴィンのボーカルをさらにじっくり聴くことができます。
もう、まさにボーカルメインって感じ。
ここまでケヴィンの歌を聴けるのはソロならでは。

今回は、少ししゃがれた感じが出てましたね。
しかしサビのファルセットは透き通った美しい声。
ケヴィンは、時にミッチの音域をも凌駕するのではないかと思わせるファルセット(裏声)が魅力的ですが、中低音も良い声ですね。
どんどん歌うまくなっていきますね、ケヴィン(どの面さげて言ってるんだ笑)。
この「Sign of the Times」のボーカル、大好きだよ。

圧巻は、ラストのコーラスを重ねていくところ。
最高音から入り、そこから下に2本、声を重ねていきます。
ストリングスやビートボックスが止まり、3本のコーラスのみになった瞬間がたまらない!
リバーブによる、コーラスの余韻までも美しい。


キーボードも活躍!

この形式のビデオで、ある意味チェロより目立っているキーボード(笑)。
「Down」では一音しか鳴らしていなかったけど、今回はストリングスの音でコードを流したり、
間奏ではオクターブのピアノソロまで披露。

何でもできちゃうんですね(^_^;)
a4fbc2330e42bb90ec657c044507421d_s.jpg

画像はイメージです。



一貫してずーっと同じベースラインなのもポイント!

これはケヴィンの演奏というより曲自体の話になりますが、
最初に弾いたベースライン、たったひとつのフレーズだけで一曲通して演奏できてしまうのは、この曲がいかに良くできているかを表していますね。

これは、Aメロからいきなりサビに入るという構成によるところが大きいと思います。
もちろんすべての曲に当てはまるわけではないけれど、
Aメロとサビは似た(もしくは同じ)コード進行になり、Bメロだけ少し雰囲気を変えている曲が多いです。
Bメロでコードの雰囲気を少し変えることで、曲の流れにスパイスを加える感じになるので。
この曲はBメロといえる部分がない(しいて言えばBメロがサビ)ので、同じベースラインを使える、という感じですね。

「Sign of the Times」が素晴らしいのは、そのBメロ(サビ前のスパイス)を設けなくてもスムーズに曲が流れていて、かつ聴く側を飽きさせないこと。
メロディの美しさがそれをカバーしているのでしょうね。

2:31~2:56だけ、メロディの雰囲気がガラッと変わります(Cメロにあたると思います)。
ここだけはベースラインがマッチしない部分なので、ストリングスの低音をベースにしていました。


オフィシャルショップ、ニュースレターも開始

今回の動画は、曲が終わった後に、30秒ほどケヴィンからのメッセージタイムがあります。

ケヴィンが早口なのと(笑)、字幕がないので詳しくどのような内容を離しているかは不明です。
とりあえずめっちゃ下を指さしてるので(笑)概要欄を見てみると、

ソロアーティストとしてのニュースレター(メールアドレスを登録すれば、新着情報をメールで得られる)と、「KO HAT」という紹介でオフィシャルショップのリンクがありました。

今までの動画にはこれらはなかったと思うので、新たにスタートした企画と思われます。
(ちなみに「Down」の概要欄にはオフィシャルショップリンクのみ貼られていました)

ショップにアクセスしてみると、ケヴィンの名前のイニシャル「KO」があしらわれたキャップやTシャツなどが販売されています(9/26現在、ゴールド刺繍のキャップは完売)。

今後ソログッズの展開があるかどうかは不明。
純粋にファン目線で見ると、もちろん応援する気持ちもあるし嬉しいのですが、(ペンタトニックスのことを考えると)ちょっぴり寂しくもなってしまいます・・・。


まとめ

いかがでしたか?

本日はケヴィン・オルソラ(fromペンタトニックス)によるハリー・スタイルズ(fromワン・ダイレクション)「Sign of the Times」カバー動画のご紹介でした。
こういった形式の動画だと、どんな感じで演奏されているのかがわかるので非常に興味深いですね。

ペンタトニックスとしては、10月にアルバムの発売と12月にアメリカツアーを予定しています。
その関係もあり、今後ソロチャンネルに次なる曲がアップされるかどうかはわかりません。

ただねぇ・・・この感じだったらバンッバンやってほしいですね!!(笑)
もっと欲を言えば、このスタイルでのケヴィンオリジナル曲も聴いてみたいわ。
そういう日も来るんでしょうか。


本日もお付き合い頂きありがとうございました。
この記事が良かったら、ぜひSNSなどでシェアをして頂けると嬉しいです!
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
関連記事

SUPERFRUIT(スーパーフルーツ)「Hurry Up!」MVレビュー!





どうも、碧依(@an_88star88)です。

9月22日、ペンタトニックスのスコット&ミッチによるデュオ・SUPERFRUIT(スーパーフルーツ)が、今回も金曜日に新しいMVを投稿!すっかり恒例となりました。

今回公開されたのは「Hurry Up!」






今回は、ストーリー仕立て!

スコットとミッチは、カップリングパーティ(いわゆる合コン)に足を運びます。

そのパーティの席で、2人は思い思いにメンバーと話をしますが、時折見せるうわの空な感じ。
サビでひとしきりダンスした後、2人は別室に移り別のお相手と交流しますが、
やはりここでもなんだか集中できていない様子をうかがわせます。

まわりがどんどんマッチングしていく中、
結局2人はお相手を見つけることができず、カウンターに並んでショットを一気。

最後には2人が顔を寄せ合いますが・・・。


「Late Late Show」でのパフォーマンスさながらのダンスも必見!

この「Hurry Up!」は、デュオとして初めて出演したテレビ「Late Late Show」で披露されました。

関連記事⇒SUPERFRUIT、ついに初のTVパフォーマンス!

TVでともにパフォーマンスしたダンサーたちとここでも共演!
TVでのパフォーマンスはこのMVのイメージをそのままステージ化したもののようですね。

個人的に、すごく体の大きい男の人がかわいいと思いますw

私が見たかった、間奏でのダンスもしっかり生きてます(3:38~)。
ここのキメ、すごくカッコ良いですよね。
TVバージョンも良かったけど、このMVバージョンのキメも好き。
TVではダンサー6人+スパフルだったけど、MVでは大人数でわぁっと踊ります。
このにぎやかさもGood!


ミッチ、名前は「Leo」?!

MV冒頭、受付のお姉さんと2人が話すシーン。

話の流れでミッチが「I'm Leo!(名前ではなく、僕はしし座だよ、という意味)」と言うと、名前だと勘違いした受付のお姉さんがネームシールに「Leo」と書こうとしてしまいます。
(ミッチの誕生日は7月24日)

「Oh, no no no no! My name is Mitch.」あわてて否定するミッチ(笑)。
「My sign is a Leo.(僕の星座がしし座なんだよ)」と改めて説明。

ミッチが自分の星座を言ったのは、お姉さんに「あなたは内なる炎を秘めてる感じがするわ(意訳)」と言われたため。
しし座の人は一般的に情熱的であるといわれますが、それはアメリカでも同じようですね。

余談ですが、ここのミッチ若干鼻声な感じがします。

個人的に好きな場面だったので書いてみました(*^_^*)


私なりの歌詞の解釈

この曲の歌詞が大好きです。

―他の男の子たちじゃダメなんだ
僕に声をかけて 僕の元へ来て さあはやく
ねえ、僕は恋をしたことがない
でも その恋ってやつを体験してみたい だからはやく―


サビはこんな感じの訳になりますかね(意訳です)。

すごいわかる、これ。
その人の周りの環境にもよるし、周りにいる人にもよるから一概にみんながそうだと言うつもりはまったくありませんが、LGBTQの人にとっての恋愛は、普通の(ストレートの)男性や女性の恋愛とはまた違った壁があります。
自分が望む恋愛をするためにはやはりどこかのタイミングで誰かにカミングアウトすることも必要になってくるし、普通の男性や女性が経験するより遅い年齢での恋愛経験になる人もいます。
そこにたどり着くまでに、多くの葛藤と闘います。
私自身もそうです。

関連記事⇒米トランプ大統領の発表から考える「LGBTQ+について」

56784a942596764b65f202e07942eaed_s.jpg
私が思うに、この「Hurry Up!」の主人公はたぶん男の子で、恋愛対象も男の子(つまり、ゲイ)。
歌いだしの歌詞「片方の足は踏み入れて、反対の足は外に出してる」というフレーズは、
心の中に男性の部分も持っているし女性の部分もある、ということの比喩なのかな、と思いました。

Bメロ後半「自分自身が何者なのかわかっていて、準備OKな人を待ってる」という部分。
しっかりと求めている理想像を提示しています。
「自分自身が何者なのか」というのは、もちろんセクシャリティの意味も入っているんでしょうが、それよりももっと大きい意味 ―例えば信念とか、自分の意見をしっかり持ってるかとか― も含んでいるような気がします。

こうやって見ていくと、主人公もちゃんと自分自身の事を捉えていて、すごく芯のはっきりした部分を感じます。

あくまでもこれは私の解釈です。
普通の男女の恋愛でも共通しているところもあると思いますし、
幾分にも解釈できる曲であると思います。


SUPERFRUITの曲で、恋の歌に初めて共感できた

世の中の歌って、かなりの割合で男×女の恋の歌が多いじゃないですか。
日本でも外国でも。

私、ずっとピンときてなかったんです。
自分がLGBTだということや、ちゃんとした経験がないっていうのもあるけど、どう聞いてもなんだかイメージがボヤッとしてしまう。

これは「Hurry Up!」だけでなくてSUPERFRUITの全ての曲に言えることですが、和訳を読んだときにとても共感できたんです。
そんなこと、正直初めてでした。
そういう意味でも、私にとってSUPERFRUITの2人の存在は特別です。


まとめ

本日は、少し時間が開きましたがSUPERFRUIT「Hurry Up!」のMV紹介でした。

今回も『Future Friends Pt.2』の曲順通りにMV発表が来ていますので、次週は「Deny U」になるかと思います。

「Deny U」はこのEPの中で一二を争うお気に入り!
今からMVが楽しみです。


「Hurry Up!」収録アルバム
フューチャー・フレンズ(日本盤)


本日もお付き合い頂きありがとうございました。
この記事が良かったら、ぜひSNSでシェアしてくださいね(*^_^*)
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
関連記事

難しいけど爽快!新感覚・英単語アプリ「HAMARU 2」





どうも、碧依(@an_88star88)です。

面白い英単語学習アプリを見つけたので、今日はそれをご紹介したいと思います。
その名も「HAMARU 2」

1.png

「Everything is practice」=すべては練習の中にある。

元サッカー選手のペレさんの言葉にも同じものがありますね。
日本でも「一に練習、ニに練習。三、四がなくて、五に練習。」という言葉をよく耳にします。
英語に限らずですが、どの分野でもプロになりたいなら最低でも一万時間は練習(取り組む)が必要と言われています。


じゃあさっそく練習だ!単語を勉強しよう!・・・あれ?
あの、、単語学習って、意外と迷いませんか?

「どのレベルから始めればいいのか?」「何から手をつければいいのか?」

英語の学習を始めようとしている人にとっては、結構切実な問題だと思います。
この「HAMARU 2」は、その部分もしっかり考えて作られているアプリなので、その疑問も解消されると思いますよ。

それでは、紹介行きます!




リスニング力・単語力UPが期待できる

この「HAMARU 2」は英単語ゲームです。

2.png

画面に表示された英単語を出題者(CPU)が読み上げ、下半分に表示された4つの選択肢の中から正しい意味を選ぶという、説明だけ見れば簡単なものです。

このゲームの難しい所は、回答を求められるスピードと発音されるタイミングにあります。

まずひとつめの単語が発音され、その意味を答える前に次の単語が発音されるんです(!)。
最初の単語の意味を答えた瞬間に、3つめの単語が発音されるということになります。

そう、自分が意味を答えるころにはもう2個先くらいの単語が発音されているので、何が発音されたのかを注意深く聞き、覚えておく必要があります。

しかも、時間経過とともに英単語が下に落ちていき、完全に落下してしまうとミス扱いとなってしまいます。
ミスしたり時間をかけすぎたりすると、制限時間が5秒削られます。

文章で書くと少し難しいので、Twitterに投稿した動画も付け加えておきます。



初見プレイだと、頭がかなりパニックになります(笑)。


美しすぎるグラフィックやBGMも魅力

この「HAMARU」の魅力はまだあります。
ゴールド感たっぷりのグラフィックです。

プレイボタンや問題のセレクトボタンなどを押すたびに、その都度「シャラリ~ン!」という豪華な音と共に、ガラスが割れるような映像エフェクトが表れます。
このエフェクトがまた、気持ちいいんですよねぇ~。

設定の「グラフィック」ボタンを押すと、
演出の派手さ(キラキラ感)や色(標準or白黒)、画面の明るさなどを選ぶことができるので、好みの画面コンディションでプレイすることが可能です。

3.png

また、各ステージ選択画面で毎回BGMの選択ができます。
BGMといっても端末の音楽を流すのではなく、アプリにプリセットされているものを選ぶ形式。
ヒーリングミュージックっぽい曲が多めなのですが、アプリの雰囲気にぴったり合っているし、勉強に集中できる感じ。
私は基本シャッフルで流していますが、気に入った曲を見つけたら、その曲の番号を押しましょう。

4.png


中学レベル~TOEICまで対応

5.png

中学レベル~TOEIC900まで、幅広いレベル設定が良心的ですね。
結構な英語力がある方以外は、無難に中学レベルから始めることをオススメします。

中学レベルでも、コツ掴むまでは結構苦戦すると思うので(汗)。
ちなみに先ほどのTwitter動画も中学レベルです。


その名の通り、「HAMARU」爽快感

スピードと単語のリスニング力を必要とされるためとても難しいゲームになっています。
コツさえつかめばサクサク正解できるようになり、独特の爽快感を味わうことができるようになるんです。
「シャラリ~ン」というゴージャスな効果音もその快感を手助けしてくれます。

私のプレイした感覚で言うと、初挑戦のステージはまず一発でクリアできないと思います。
必ず二回以上同じステージをプレイして、ゲージを稼ぐ感じになります。
ちょー上手い・ちょー速い人がやったら、一発クリアできるのかな?

ただ、ひとつのステージで出てくる単語たちは、1プレイ中は読み上げられる順番が変わりません。
つまり、一周すればまた同じ順番で単語が読み上げられていくという訳です。

時間制限が60秒で、登場する単語は1ステージにつき25語。
1秒1単語答えるとして、一回のプレイで2周はできる計算になります。
まあ、実際には1秒に1単語以上正解できると思うのでそれ以上かな。

最初の1~2周で、出題者(CPU)が各単語をどんなふうに発音してくるのかを記憶して、後半はもう上半分に出てくる英単語に目を向けない。
発音される音声だけで単語を判断し、選択肢を選んでいくようにすると、次々答えていくことができるようになってきます。


まとめ

個人的に、英語は単語力があればあるほど有利なのかなと思っています。

私はまだまだ単語力はあるといえないレベルですので、まずはこの「HAMARU 2」で単語力の底上げを図りたいと思います。
このアプリはレベル分けが明確でわかりやすいですし。
映像演出も楽しいアプリなので、爽快感も手伝って続けていけそうです。

英語力の最終的な目標としては、英語詞の訳ができるくらいにはなりたいな。
以前ご紹介した「Duolingo」や、動画サイトなどにアップされている英語学習動画なども併用しつつ、少しずつ英語力をレベルアップしていこうと思っています。


本日もお付き合い頂きありがとうございました!
この記事が良いと思ったら、SNS等でのシェアを宜しくお願い致します。
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております(*^_^*)

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
関連記事

サム・スミス、新曲「Too Good At Goodbyes」のMVを公開





どうも、碧依(@an_88star88)です。

2014年にリリースした「Stay With Me」で、全世界に旋風を巻き起こしたサム・スミス
その彼が、久々に新曲を出しました。

その名も「Too Good At Goodbyes」。
デビュー当時から評判高い歌唱力はそのまま。
リスナーの胸を、切なく揺さぶる楽曲となりました。




切ない別れを歌ったリリック

さよならに、僕は慣れすぎてしまった」・・・。
恋人との別れを歌った悲しく切ない歌詞になっています。

公開されたMVは、さまざまな愛の形(男と女、女と女、男と男)を描きながらストーリーが進み、ラストはひとりぼっちのサムが映し出されて終わります。


激やせでも衰えない声の魅力

サム・スミスといえば、活動を休んでいる間に話題になった「激やせ」。

「Stay With Me」で引っ張りだこだった頃はぽっちゃりとしたかわいらしい体型をしていましたが、今回の「Too Good At Goodbyes」のMVはそのスッキリとした姿で登場(当り前か)。

ただ、激やせしてもその歌声の魅力はそのまま。
切ない系の歌を歌わせたら、もう右に出るものはいないのではないかと思わせるほどの高い歌唱力を誇ります。


新アルバムからのシングルカットか?

以前、サムがSNSに投稿したメッセージから、今年は大きな作品発表などの動きがあると噂されていました。


その第一弾が、今回の「Too Good At Goodbyes」。
一部では、これが新アルバムからのシングルカットなのではないかという話もされているようです。

現時点では次なる作品やアルバムについての詳細発表はないものの、まだ何か大きな動きがありそうな予感がします。


まとめ

本日はサム・スミスの新曲「Too Good At Goodbyes」をご紹介しました。
MVで印象的だったのは、LGBTを含めたさまざまな愛の形を表現していたこと(サム・スミス自ら、ゲイであることを公表済み)。

私は「Stay With Me」が大ヒットしたころ、TVのインタビューでサムが「まだ誰とも付き合ったことはない」と語っていたのを記憶しています。
あのころが2014年~2015年あたりなので、多分サムが22歳とかの頃だと思います。
誰かと付き合った経験がなくても、「Stay With Me」のように恋の歌を歌い、世界中の人々の心を動かしたサム・スミス。
私はその姿に衝撃を受けました。

ここではあまり詳しく述べませんが、私も以前、自身のLGBTに関する気持ちを表した記事を書きました。(⇒米トランプ大統領の発表から考える「LGBTQ+について」
「Stay With Me」が出た頃の私は、まだ自分がLGBTであることについて若干懐疑的で、だからこそ「経験がなくても大勢の人の心を動かした」サムがとても魅力的に思えました

そこから3年近くが経ち、こうしてまたサムが歌う姿を見ることができてとてもうれしいです。
これからもその動向を見守っていきたいと思います。


本日もお付き合い頂きありがとうございました!
この記事が良かったと思ったら、SNSなどでシェアをお願い致します。
それでは、またのお越しを心よりお待ちしております。

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加 follow us in feedly
関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

碧依

Author:碧依
「あおい」と読みます。
洋楽が好きで、ポケモンGOが好きで、 それらの事とか他の事とかも含めてブログを書いている人。好きな色は赤。好きな動物は猫とリラックマ。
なお、Twitterではこのブログの更新や、碧依のつぶやきをリアルタイムでお届けしています!
Twitter → @an_88star88

最新記事一覧

ペンタトニックス、アヴィ正式脱退後初のMV「Away in a Manger」を公開。 Oct 21, 2017
SUPERFRUIT、「Goodbye From Lonely」のMVを公開。切ない歌の世界をモノクロで表現 Oct 16, 2017
【速報】ペンタトニックス、新たなベースを迎え入れる。 Oct 14, 2017
「さっぽろレインボーマーチ+(プラス)」は、素晴らしいプライド・パレードだった。 Oct 10, 2017
SUPERFRUIT、アルバム『Future Friends』より新MV「Deny U」を公開 Oct 08, 2017

Feedlyに登録↓

follow us in feedly

訪問者数

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR